東京カクテル7デイズ 2021 チョコレートカクテルとスピリッツ / 恵比寿 VinSanto

東京カクテルセブンデイズ

10月14日より開催中のイベント、東京カクテル7デイズに当店ヴィンサントも参加しております。
年に一度のカクテルの祭典、カクテルパスポートを持って様々なバーを巡り期間限定のオリジナルカクテルを楽しむことが出来ます。
本日はイベント限定のオリジナルカクテルに使用するベーススピリッツとカクテルについてご紹介致します、今年のカクテルは全てチョコレートシロップを使用。テーマでもあるリフレッシュを意識した甘さとスパイスのカクテルです。

 

 

東京カクテル7デイズとは?

日本の素晴らしいクラフトカクテルとバーカルチャーを多くの人に広めたいという想いから5年前にスタート。
公式オンラインや参加店舗でカクテルパスポート(前売り2,420円、 当日3,300円)を購入すると、 イベント開催期間中イベントのテーマに合わせて創作したオリジナルカクテルをスペシャル価格1杯1,100円(サ別)で味わうことができます。
また、 オンラインカクテルセミナーを受講できるなど、 参加型で楽しめるイベントです。

今年は過去最多の都内80店舗が参加し、 新たに約37店舗が加わりました。
その中には昨年オープンした「キンプトン新宿東京」や「東京エディション虎ノ門」、 渋谷MIYASHITA PARK内の「sequence」など話題のホテルや、 今年オープンしたレストラン、 大手町のイタリアン「BRIANZA TOKYO」、 渋谷のメキシカン「RUBIA」内のバーも加わり、 よりバリエーション豊富なバーで展開されます。 また、バー巡りが楽しめるエリアも毎年人気の<西麻布・六本木>や<渋谷・恵比寿><新宿>などに加えて、 <日本橋・八重洲>、 <吉祥寺>など新たなエリアが加わり大幅に拡大しています。

※公式サイトより引用。
東京カクテル7デイズ

 

Glenmorangie original × Tarlogie orange
グレンモーレンジオリジナル × ターロギーオランジェ

ターロギーオランジ

ベーススピリッツはスコッチウイスキーのグレンモーレンジオリジナルを使用。
グレンモーレンジオリジナルは完璧すぎるウイスキー、と称されるバランスの良いスコッチシングルモルトウイスキー。
創業170年以上の歴史と実績を持つ蒸留所です。
オレンジのニュアンスが強いこのウイスキーの特徴を活かしてオレンジリキュールやビターズを合わせます。
チョコレートシロップを使用することにより、オレンジのシロップ煮にチョコレートをコーティングしたお菓子・オランジェットをイメージして創作しました。
ウイスキーベースなのでしっかりとしたアルコール感は残しながらも柑橘の爽やかな香りと甘さをお楽しみ頂けます。
ターロギーとは、グレンモーレンジ蒸留所敷地内にある泉の名前でウイスキーの仕込み水にも使われています。

 

Diplomatico × Caracas ganache
ディプロマティコ × カラカスガナッシュ

ディプロマティコ × カラカスガナッシュ

こちらはベーススピリッツにディプロマティコというベネズエラ産のダークラムを使用。
ディプロマティコは1959年創業のプレミアムラム、一般的なスペイン系ラムとは異なる複雑な製造工程をかけることによりスムースな口当たりとコクのある甘さを持つ上品なラムに仕上がります、世界中のバーテンダーから重宝される素晴らしいラムですね。
こちらのカクテルはたっぷりのチョコレートシロップにミルク、ダークラム自体の持つ濃厚な甘さも相まって大人のガナッシュをイメージした食後酒にぴったりのカクテルとなっています。
カラカスとはベネズエラの首都の名前で、ディプロマティコラムの産地から命名。
ディプロマティコはストレートで飲んでも非常に美味しいラムなので、カクテルで気に入った方は是非そのままの味わいも確かめてみてもらいたいですね。

 

Hennessy × Chocolat charente
ヘネシー × ショコラシャラント

ヘネシー × ショコラシャラント

ベーススピリッツにはフランスのブランデー、ヘネシーを採用。
ヘネシー社はフランスのコニャック地方に本社を持ち、年間販売本数約5000万本、世界市場のコニャックシェア率40%を誇る世界最大のコニャック生産企業として有名です。
本場フランスではブランデーと一緒にチョコレートを食べる習慣がありますので、ヘネシーとチョコレートの相性は言わずもがなですね。
こちらはチョコレートカクテルですがベリーの持つ酸味を活かした味わいにするべく甘さを抑えてブランデーとベリーの果実味を引き立て、仕上げにローズシロップで薔薇の香りを纏わせたスッキリとした飲み口のカクテルに仕上げました。
食前の一杯目にもオススメのカクテルです。
ブランデーベースのクラシックカクテルはサイドカーなど少し強めのショートカクテルが多いので敢えて飲みやすいブランデーカクテルを目指します、普段あまりブランデーなど飲まない方にも是非チャレンジして頂きたい一杯です。
シャラントはヘネシー蒸留所のあるフランスの県名、観光地としても有名だそうですね。

 

Ketel one × Pomme de nolet
ケテルワンウォッカ × ポムドノレット

ケテルワンウォッカ × ポムドノレット

最後にご紹介するのがこちら、ベーススピリッツはオランダのプレミアムウォッカ ケテルワン。
ノレットとはケテルワンウォッカを作る蒸留所の名前で、1691年創業となんと325年以上もの歴史を誇る蒸留所。ですがケテルワンウォッカの製造自体は1980年代初頭からと比較的最近で、それまではジンをメインに蒸留していたそう。
小麦を原料とした柔らかながらもしっかりとした味わいの芯があるプレミアムウォッカです。
比較的ニュートラルなスピリッツ、ウォッカを使用することで他の材料である林檎やチョコレートの風味を存分に引き立てることができます。林檎の酸味、フレッシュ感を大切にシナモン、チョコレートシロップたっぷりでアップルパイをイメージしたカクテルに仕上げました。

 

Naoshi Morioka  森岡尚史

VinSanto Bar & Whisky shop 恵比寿
03-3464-4641
Google Map 渋谷区恵比寿西2-1-7
Facebook
Instagram

Related articles

Back to Top