ウイスキーショップ 量り売りパック 2021/7月 / 恵比寿 VinSanto

緊急事態宣言下でもウィスキーの入荷は止めておりません、恵比寿ウイスキーショップ。
BARでお酒が飲めないこんな時だからこそ、自宅で名酒をゆっくりと楽しむ時間が増えますね。
本日は7月の新入荷モルトをまとめてご紹介。
大人気のスリーリバース社のシリーズボトルから、入手困難なことでも知られるスプリングバンク蒸留所のニューリリースボトル、変わり種のフランス産ウィスキーまで、この夏、注目のラインナップです。

 

 

1. Springbank 10y Local barley
スプリングバンク10年 ローカルバーレイ

スプリングバンク10年 ローカルバーレイ

スコットランド キャンベルタウンの蒸留所、スプリングバンク。
家族経営で少量生産ながらも品質にこだわり伝統的な製法を貫く、世界中のモルトファンに愛される非常に人気で入手困難なことでもよく知られるスプリングバンク。
同じ蒸留所でスプリングバンク、ヘーゼルバーン、ロングロウと3つの異なるタイプのウィスキーを作り出していることも特徴です。
そんな人気のスプリングバンクのシリーズ、ローカルバーレイの最新作がこちら。
こちらのローカルバーレイ10年は、グレンクライズスファームで収穫されたベルグラビア種の大麦のみ使用。シェリー樽で熟成した原酒をカスクストレングスでボトリング、全世界で僅か8500本のみという限定品です。
シェリー樽由来のリッチな雰囲気にスプリングバンクが持つ塩気と香りの華やかさ、クリーミーさが合わさった秀逸なモルトです。

 

2. Macduff 2006 13y The poster
マクダフ 2006 13年 ポスター

マクダフ 2006 13年 ポスター

モルトファン注目の日本のインポーター、スリーリバース社の新シリーズ、ザ・ポスターの第三弾がリリースされました。
ポスターシリーズとは、19世紀から20世紀にかけて描かれた様々なポスター=絵画をラベルのモチーフにしたシリーズで、アイラモルト以外の地域のヤングモルトをボトリング。
第三弾となるこちらはマクダフ蒸留所の13年熟成の原酒をボトリング。
ラベルデザインの絵画はスイス出身の画家 テオフィル・アレクサンドル・スタンランの絵を採用。
猫をモチーフとした絵で人気を博した画家としても有名ですよね。

玄人好みな蒸留所なイメージのマクダフですが、フローラルで綺麗な甘さの非常にエレガントな一本です。

 

3. Secret speyside 1990 30y The church
シークレットスペイサイド 1990 30年 チャーチ

シークレットスペイサイド 1990 30年 チャーチ

同じくスリーリバース社より、こちらは熟成年数30年以上の長期熟成品のみをリリースするザ・チャーチ(教会)シリーズの最新第5弾です。
同シリーズは、世界各地の教会や聖堂の写真をラベルデザインとするアーティスティックなラベルも目を引きます。今回はドイツのドレスデン聖母教会です。

長期熟成ウイスキーを入手するのが非常に困難な昨今、第5弾まで定期的に30年以上熟成のボトリングをシリーズ化出来るのは本当にすごいことですよね。
こちらはシークレットスペイサイドということで、ボトリングされている蒸留所名は非公開となっています。
スペイサイド地域のどこの蒸留所なのか想像しながら飲んでみたいものですね。

 

4. Caolila 2009 11y Dauglas laing’s Provenance
カリラ 2009 11年 ダグラスレイン プロヴェナンス

カリラ 2009 11年 ダグラスレイン プロヴェナンス

1948年スコットランド グラスゴーにて創業後、豊富なアイテムや素晴らしい品質で世界中のモルトファンに絶大な信頼と人気を誇る老舗大御所ボトラー・ダグラスレイン社。
同社のメインブランド、オールド パティキュラー、最高峰のエクストラ オールド パティキュラーなどがありますが、数あるシリーズの中でも特に抜群の安定感と豊富なアイテム数、コストパフォーマンスの高さで長年人気シリーズとなっているのがこちらのプロヴェナンスなのです。
こちらのプロヴェナンスシリーズ、この度よりブラックラベルへとラベルデザインがリニューアル、高級感と重厚感がアップしてますよね。
それに先駆け、今一度このプロヴェナンスシリーズの魅力を伝えるべくリリースされたのが今回の特別な日本市場限定品となります。

アイラモルトの評価が特に高いダグラスレインの人気銘柄であるカリラを、通常46%の加水のところ樽出しのカスクストレングスでボトリング。
もちろん数量限定の希少なボトルです。

 

5. Le breuil Single malt Origine
ルブルイユ シングルモルト オリジン

ルブルイユ シングルモルト オリジン

スコッチウィスキー、アイリッシュウィスキーをメインに取り扱う恵比寿ウイスキーとしては珍しいフランス産のウィスキーをご紹介致します。
こちらは、フランスノルマンディー地方のアップルブランデー・カルヴァドスの名門作り手 シャトードブルイユが手掛けるフレンチウィスキー。
2017年より自社内のノルマンディーでウィスキーの蒸留をスタート、生産効率の高さを重視するのがセオリーの従来のフレンチウィスキーとは異なりアルコール収量の低いゴールデンプロミス種の大麦のみを使用。
手間のかかる伝統製法フロアモルティングを採用するなど、品質重視のウィスキー作りを徹底しています。
そんなシャトードブルイユ初のウィスキーが遂にファーストリリース、バーボン樽熟成の平均3年数ヶ月のフレッシュなモルトはフルーティーで滑らか。スコッチウィスキーとはまた違う魅力をお楽しみください。

 

Naoshi Morioka  森岡尚史
VinSanto Bar & Study  恵比寿
03-3464-4641
Google Map 渋谷区恵比寿西2-1-7
Facebook
Instagram

Related articles

Back to Top