いにしえのダンビーガン DUN BHEAGAN/八嶋

2008/07/11

in: Vision
visionの八嶋です。タリスカーで有名なスカイ島。ご存知ですよね!?
この島を支配した3つのクラン(氏族)の一つがマクロード家です。
このマクロード家が800年近くにも渡って居城にしていたのがダンビーガン城。
そこは無骨でいかめしく、もののふの城といったいでたちで現在も建っています。

ここには、額に入れられた「ぼろぼろの布」が飾られているそうです。
これは4~7世紀頃に作られた「フェアリーフラッグ」という伝説の旗で、
これをかざして戦うと勝利をもたらすといういわくつきのお宝だそうです。
この一族のために妖精からもたらされたものだという言い伝えからきています。
また、スカイ島出身のフローラ・マクドナルドが助けたと言われる
ボニー・プリンス・チャーリーの毛髪もあるんだそうです。

城内の売店には、ありとあらゆるスカイ島や城の関連商品が売られていて、
その中には、城主(マクロード一族第29代族長、John Macleod卿)自らが吹き込んだ
という、この地方に伝わる歌のカセットテープまでがあるんだそうです。
一族のキルトを身につけてポーズを取っているポストカードまでもが。。
城の維持管理には莫大なお金がかかるそうで、城主自ら頑張っているんですね。。

さて、そんな「ダンビーガン」の名を冠したコレクションがあります。
「DUN BHEAGAN」とは、スカイ島にある村の名前でもあり、マクロード家と
深いつながりのある、ウイリアム・マックスウェル社がリリースしています。
1997年にフランス向けにボトリングをスタートさせた後、2002年後半に
現在のラベルパッケージになり、アメリカ、ヨーロッパや台湾などの世界各地で
販売されています。今回は、こちらのニューリリースです・・・

yashima080711

ロングモーン 1994 13年 ホグスヘッド
1994年5月蒸留、カスク番号74877、74878、74882の3つのホグスヘッドから2007年に
ボトリングしたロングモーンです。

カリラ 1991 16年 メドックフィニッシュ
カスクナンバー90401の樽をワインの名産地である
“メドック地区”産のワインの空樽でフィニッシュした16年熟成ものです。

ベンリネス 1992 14年 アメリカン&スパニッシュオーク
アメリカンオークとスパニッシュオークで、それぞれ熟成されたベンリネスを
絶妙にあわせてボトリングされています。

そんなダンビーガンシリーズいかがですかね!?
今夜もvisionにて、お待ちしております。

ATCF Ltd. official web site はコチラ

Related Posts

  • ブログサムネイル画像

    2024年4月19日

    Vision

    シークレットハイランド 2013 9年 ウイスキーミュウ 成田一徹 Bar K6 / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年4月12日

    Vision

    ストラスアイラ蒸留所 2013 9年 ウイスキーミュウ 鉄人28号ラベル / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年4月5日

    Vision

    スコッチモルトウイスキーソサエティ 78.72 贅沢なハギス / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年3月26日

    Vision

    吉田電材蒸留所 1年熟成 カラム3&カラム7 バーボンスタイルのジャパニーズグレーンウイスキー / 吉祥寺 Vision