こんどは、ラガヴーリンですって。/八嶋

2008/05/26

in: Vision
visionの八嶋です。J.W. Lees社は、元々繊維業関連の家内制手工業を行っていた
ジョン・リース(John Lees)により1828年に創設されました。
そのため、この醸造所は、イングランド・マンチェスターの繊維工場街にあります。
現在は6代目が経営しており、脈々と家族経営がされているようです。

3種類のエール酵母を用い、銅製の開放式発酵槽にて発酵させますが、
この発酵槽は1876年製。醸造所が設立された後、改修された時に導入されたものです。
濾過済みであり、低温殺菌も行なわれています。
かつてマイケル・ジャクソン氏は「時間を経ると熟成による味の変化を見せる」と
書いており、このエールを醸造しているジャイルズ・デニス(Giles Dennis)氏も
数年間、瓶熟させることを推奨しているんです。

そんな魅力的なビールが入荷しました。こちらです・・・

yashima080526

J.W.リーズ ハーベストエール ラガヴーリンカスク 2006
J.W.リーズ社の「ハーヴェストエール」は、1985年から醸造されています。
毎年、その年に収穫された大麦とホップを用い、年1回、秋季に醸造。
発売は毎年12月1日であり、年ごとにヴィンテージが付いています。
そのエールをアイラモルトウィスキーの銘品であるラガヴーリンのカスクで
4ヵ月間熟成させた限定品のイングリッシュバーレイワインタイプです。
言うなればストロングエールってことですね。アルコール度数11.5%ですから。

非常にスモーキーですが、干し葡萄やプラムのような甘い香りと風味を持ち、
ポートワインのようでもあります。鼻から抜けるようなアルコールの刺激が
かなり強いです。モルトの甘味が力強く、後味はビターチョコレートのような
ほろ苦さが残ります。濃厚で舌の側面をしびれさせるフルボディです。

ラガヴァーリンの香りも感じられ、アイラ好きにはたまらないビールです。
限定6本のみの入荷です。お早めに!でも値段は高いですよ、あれと同じくらい。

今夜もvisionにて、お待ちしております。

ATCF Ltd. official web site はコチラ

Related Posts

  • ブログサムネイル画像

    2024年4月12日

    Vision

    ストラスアイラ蒸留所 2013 9年 ウイスキーミュウ 鉄人28号ラベル / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年4月5日

    Vision

    スコッチモルトウイスキーソサエティ 78.72 贅沢なハギス / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年3月26日

    Vision

    吉田電材蒸留所 1年熟成 カラム3&カラム7 バーボンスタイルのジャパニーズグレーンウイスキー / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年3月19日

    Vision

    トマーティン蒸留所 2008 13年 ウイスキーミュウ 村松誠 猫ラベル / 吉祥寺 Vision