どこまでいくのかしら!?便利ってやつは。/八嶋

2008/03/01

in: Vision

あっという間に3月ですね。早いものです。
今年はしっかり冬が来たので、暖っかい春が待ち遠しいですね。
そんな真冬にお風呂の給湯器が壊れて、銭湯に行きました的なお話を以前しましたが
その甲斐あってか、新しいガスふろ給湯器はとても快適。しかも、おしゃべりです。

以前のものも、キッチンとお風呂場にリモコンがついていて
自動のお湯はりや追い焚き、殿様なんて機能がついていたんですが
今回の新しいものは、さらにグレードアップ!
音がなるだけでなく、音声で知らせてくれます。

自動ボタンを押すと「お湯はりをします」とはじまって、しばらくすると。。
ピッピッピッと音がなって「残りおよそ5分でお風呂に入れます!」と案内してくれます。
これは、そろそろ入浴する準備をしなさいってことかしら。なんて思っていると
軽快なメロディ音と共に「お風呂が沸きました!!」とお知らせしてくれます。

すごい。最初は何が起こったのかわかんなかったもんね。

他にも、お湯の温度を高く設定しすぎると「熱いお湯がでます!」とか
ぬる湯設定にすると「お水をたします!」なんて、おしゃべりしてくれます。
便利になったものですね!?これならご年配の方やお子さんにも安心ね。

そんな中でも、一番の驚きが「ゆらぎのシャワー」っていう機能。
これは、シャワーの温度設定とそれより約10℃ぬるい温度間で少しずつ違った湯温で
ゆらぎながらお湯がでてくるんです。なんともはやってかんじですよね。
自動マッサージシャワーのノリですよ。もう自宅でスパってノリですよ。

感服いたしました。もう手も足もでません。

しかし、どこまで進歩していくんでしょう!?便利ってやつは怖いものです。
それが当たり前になると、それ以下に落とせなくなってしまいますから。
知らなきゃいいもの、無くてもいいものがいっぱいありますから。
こういう場面に遭遇する度に考えます。考えさせられます。
便利は便利でいいけれど、いい意味での不便さを知っておく必要があると。
コトの始まりやモノの成り立ちを、ちゃんと知っておく必要があると。
それを使い分けたり、使いこなさないと、いつか支配されてしまいます。
人間とは、そんな生き物で、人間社会とは、そんな社会でしょうから。

それを子供たちに伝えていかないと。見せていかないと。

我々大人たちの課題であり宿題です。
またこんな便利な機能が、あたしに宿題を背負わせたようです。
たまには銭湯に連れていこうかな。いや、うちの飯村さん家に連れてこ。
あそこのお風呂は原始的だから今でも。だって薪くべるんですよ。
”ふぅふぅ”って吹いて、火加減難しいんだから。そうしよっ

ATCF Ltd. official web site はコチラ

Related Posts

  • ブログサムネイル画像

    2024年4月19日

    Vision

    シークレットハイランド 2013 9年 ウイスキーミュウ 成田一徹 Bar K6 / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年4月12日

    Vision

    ストラスアイラ蒸留所 2013 9年 ウイスキーミュウ 鉄人28号ラベル / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年4月5日

    Vision

    スコッチモルトウイスキーソサエティ 78.72 贅沢なハギス / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年3月26日

    Vision

    吉田電材蒸留所 1年熟成 カラム3&カラム7 バーボンスタイルのジャパニーズグレーンウイスキー / 吉祥寺 Vision