もう、秋まつり。/八嶋

2007/09/10

in: Vision
先週末は、「吉祥寺秋まつり」でした。賑わってましたねぇ。
あたしも家族みんなで見物に行きましたよ、きのうの日曜日に。暑かったね。
もう35回目なんですね。なにを隠そう、あたしも昔はかついでましたよ、御神輿を。
もう15年くらい前になりますね。当時は大正通り沿いの店に勤めてたんでね。

これは武蔵野八幡宮のお祭りで、毎年9月の上旬から中旬の土、日に行われるもので
「宮神輿渡御」が行われ、11台の宮神輿が各商店街を渡御(とぎょ)するわけです。
そんな各町会自慢の神輿が、最終日の午後3時ころから駅前平和通りに大集合し、
夕刻には祭りのフィナーレを飾る勇壮な「宮入り」が行われるんです。
今回も、このタイミングで見に行ったしね。めちゃめちゃ盛り上がるもの。

御神輿は全部で11種類あって。
「吉祥寺大神輿」をはじめとして、「サンロード神輿」、「五日市通り親交会神輿」、
「稲荷町神輿」、「南町祭礼神輿」、「ダイヤ街神輿」、「平和通り神輿」、
「井の頭通り神輿」、「祥南神輿」、「大正祭礼神輿」、「子供神輿」とあるんです。

ちょっと歴史を紐解くと、昭和48年に 恒例の武蔵野八幡宮例大祭に、サンロードと
平和通りが連合で神輿を出しました。これが吉祥寺秋まつりのはじまりなんです。
そして、昭和51年。 祭りメインの大神輿、吉祥寺大神輿「武蔵」が修復され参加。
祭りの規模がどんどん大きくなっていきました。 昭和57年には、 神輿を招く
手古舞が登場。最初の頃は男性が白塗りで扮装していたんですって。知ってました?
今は素敵な女性が務めていますけどね。。
その後、昭和60年に 祥南会が神輿を作り参加。これで北口6商店会に加え、
南口商店会にも祭りが広がり、平成に入って祭りのカラーパンフレットが作られたり。
今現在の形のお祭りと変わらないくらいになったそうです。へぇ。。
これからも、ますます発展して、賑わっていくといいですね。

しかし、うちのちびすけには、まったく分かんなかったようで、
御神輿にはまるで興味なし、出店のおもちゃとか食べ物のほうに気をとられ。
しまいには、「花火はぁ!?」と。こないだの盆踊りみたいなのがお祭りイージ
のようで、御神輿みたいのが分かるまでには、まだ時間がかかるね。。
また来年みにいきましょ。

ATCF Ltd. official web site はコチラ

Related Posts

  • ブログサムネイル画像

    2024年6月14日

    Vision

    ミルトンダフ蒸留所 2008 12年 スリーリバーズ バニラ シングルモルトウイスキー / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年6月7日

    Vision

    グレンゴイン蒸留所 15年 オフィシャル ぎりぎりハイランドのモルトウイスキーとは? / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年5月31日

    Vision

    クライヌリッシュ蒸留所 10年 ディアジオスペシャルリリース2023 高評価の限定ボトル / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年5月24日

    Vision

    ローズアイル 12年 ディアジオスペシャルリリース2023 スペイサイドに現れた巨大蒸留所 / 吉祥寺 Vision