クラオイ・ナ・モーナ。それは、ピートの魂/八嶋

visionの八嶋です。アイルランドは1172年にヘンリー2世に侵攻され、
1801年にイングランドに併合されるまでイングランドの植民地的扱いをされていた国です。
そこで生まれたアイリッシュ・ウイスキーが世界を席捲し、一世を風靡したのは、
今から一世紀以上も前のことなんです。1887年には28ヵ所も存在した蒸留所も
今では、ブッシュミルズ、ミドルトン、クーリーの3つだけになっています。

1830年、アイルランドで、時間のかかりすぎる伝統的なポットスチルに代わり、
パテントスチルを使った新しいウィスキー製造法が開発されました。
しかし、アイルランド人達は、「ウィスキーはポットで作るもの」と伝統的製造法に固執。
その間に、スコットランド人らが、この新方式を採用し、20世紀初頭には、
アイルランドに移住して主な蒸留所を買収、改造してしまいました。
こうしてアイルランドは、20世紀に入り、ウィスキーのメッカとしての地位を失い、
蒸留所の数も減少。さらに、唯一の輸出市場であったアメリカが禁酒法時代に入り、
アイリッシュ・ウィスキーの衰退に拍車がかかりました。第二次世界大戦の終結とともに、
アイルランド政府は、輸出からは税が得られないという理由で、輸出を全面禁止。
こうして、それまでに、微々たる生産量になっていたアイリッシュ・ウィスキーは、
アイルランド国内でしか販売されなくなってしまったのです。

そして60年代半ば、伝統産業を復活させようという政府の指導の下、
残った蒸留所が合併され、アイリッシュ・ディスティラーズが設立されました。
72年には、シーグラムが手放したブッシュミルズも合併され、
アイルランドのウイスキー市場は、一社による完全な独占状態となっていました。
30年後に、この独占状態に終止符を打つ起業家が現れるまで・・・。

yashima070922

アイルランド島の北東に位置するダンダルク市の東(ダブリンより北に80キロ)
山々に囲まれたクーリー半島にあり、アイルランド政府の経済拡大政策に沿って、
ジョン・ティーリング氏が1987年に設立した、唯一の純アイルランド資本の独立系蒸留所。
それがクーリー蒸留所です。実際の生産は1989年からで、ポットスチルによる
3回蒸留ではなく、アイリッシュでは珍しい2回蒸留が特徴です。
また、アイリッシュ初となるピート麦芽による仕込みを行っており、
これは限りなくスコッチの製法に近く、「アイリッシュ」という枠に収まりきらない。
まさに「革命児」の面目躍如といった造りなのです。意欲的な商品を次々にリリースし、
着実にその地位を築きつつある蒸留所にまでなりました。
そして今回、老舗のベリー・ブラザーズ&ラッド社がボトリングしたクーリー蒸留所
で産まれたアイリッシュモルトがこちら・・・

クラオイ ナ モーナ ベリー・ブラザーズ&ラッド
レモンピール、軽くクリーンなピート香を感じ、柔らかい麦芽の甘みがゆっくりと
広がり、牧草の香りとともにピートの特徴が感じられるシングルモルトです。
「クラオイ・ナ・モーナ」とは、ゲール語で「ピートの魂」という意味。
また、ラベル図案も「ピート堀り大会」のチャンピオンが描かれています。
まさにピートこそ、クーリーの真髄と云わんばかりに。。

たまには、ピーティーなアイリッシュモルトに浸ってみますか。。
馬肉の燻製とローストの2タイプのモルト寿司と共に。。
数量限定でご用意しています。明日には、なくなっちゃいそうですよ。。

今夜もVisionにて、お待ちしております。

ATCF Ltd. official web site はコチラ

Related articles

Back to Top