ディスティラリーコレクション

2007/05/02

in: Vision

visionの八嶋です。本日5/2(水) から 6 (日)までGWフェアー第二弾です。

樽詰めモルトに続いては、“Distillery Collection”をご用意しました。

「ディスティラリー・コレクション」は、銘柄の知名度や価格に囚われず、
真に味の良いものだけを選りすぐる!をコンセプトに、
日本のインポーターであるスコッチモルト販売が、
スコットランドの蒸留所で製造されたモルトの中から、サンプリング、
蒸留所名を伏せた状態で試飲を行い、特に品質の優れた原酒の樽を購入し、
その個性と自然な味わいを生かす為に、チルフィルター処理や着色等を
一切行わずにボトリングした商品なのです。
そんな彼らが、自信を持ってボトリングしたモルトを、厳選してご用意しました。
今回のラインナップは・・・

s070502

クラガン Claggain 1997 9年
シングルモルトとして、初めて王室御用達の称号を得た蒸留所で、
気品高きアイラの誇りを感じさせてくれる逸品です。
No.8613のホッグスヘッドから2006年11月308本のボトリング

イリアナヒョー Eilean A’cheo 1982 23年
イリアナヒョーとはゲール語で霧の島という意味。
このモルト特有の塩っぽさやピートもしっかりと感じられる
No.2547から2006年3月ボトリングのスカイ島産シングルモルト。

カリラ Caolila 1990 15年
トップから強烈な磯の香りとヨード臭が心地よく始まり次第に刺激的に。
その後、塩っぽいフィニッシュを迎えます。
1990年2月蒸留のCask No.1469から2005年3月のボトリング。

リンクウッド Linkwood 1973 32年
優しくソフトで優雅な香りをもち、熟成感があり滑らかな舌触りで
フルーツやスパイス、シナモンの味わいがあります。
1973年10月蒸留のCask No.14076から2006年7月162本のボトリング。

ロングモーン Longmorn 1975 30年
濃縮されたフルーツ(ピーチ、バナナ)の味わいで、
長熟のロングモーンらしい香り高い1本です。
スペイサイドモルトとしてはかなりフルボディーでオイリーです。

クライネリッシュ Clynelish 1974 31年
繊細で上品な香りで、次第にバーボン樽由来のキャラメル香と熟成感が
広がってきます。酸味がほどよく、さわやかでフルーティー。
最後には、しぶみが感じられ長熟の片鱗が見え隠れします。

ベンリアック Benriach 1984 21年
2004年4月にインデペンデント・ディステラリーとして新たなスタートをきった
ベンリアックの2006年最後のディスティラリー・コレクションとして
Cask No.486から2006年9月266本のボトリング。スペイサイドのやわらかい甘みと
スモーキーでピートの効いた力強いキャラクターのバランスが絶妙です。

この機会をお見逃しなく!
今夜もvisionにて・・・あっ。。

先週の「International Mystery Game ?」と題してお試しした
ソサエティのミニボトルの中身は・・・26.28でした。
そう、「クライヌリッシュ」です。。何名かお答えになってましたね。
さすがね、Wさん。こりゃ幸先のいいスタートじゃなくて!?
これに弾みをつけて、ブラインドモルト4にもチャレンジして下さいねぇ。
みなさん。たぶんブッシュミルズですよ。いや、余市かなぁ。ふふっ。。

では、あらためて。今夜もvisionにて、お待ちしております。

Related Posts

  • ブログサムネイル画像

    2024年4月19日

    Vision

    シークレットハイランド 2013 9年 ウイスキーミュウ 成田一徹 Bar K6 / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年4月12日

    Vision

    ストラスアイラ蒸留所 2013 9年 ウイスキーミュウ 鉄人28号ラベル / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年4月5日

    Vision

    スコッチモルトウイスキーソサエティ 78.72 贅沢なハギス / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年3月26日

    Vision

    吉田電材蒸留所 1年熟成 カラム3&カラム7 バーボンスタイルのジャパニーズグレーンウイスキー / 吉祥寺 Vision