ドイツの大御所から届きました。/八嶋

2008/07/18

in: Vision
visionの八嶋です。ドイツの大御所、ジャックウィーバーズ。
1996年にベルリンで創業されたインディペンデントボトラーです。
モルト愛好家の方はすでにご存知かとは思いますが、
同氏は現地ドイツでさまざまなシリーズを発売しています。

その中でも、カッコいいラベルとその品質の高さから大変人気のあるのが
「オールド ディスティラーズ コレクション」です。犬のマークが目印で、
ジャックアンドジャック社というクレジット名でリリースされています。

今回、同氏がまたまた新しいボトリングをリリースしました。
現地では発売されるたびに即日完売となるボトリングがほとんどで、
毎回割り当て制のため、輸入できる本数が極少量になってしまう逸品です。

yashima080718

ラフロイグ 1996 11年
ホグスヘッドから53.6%のカスクストレングスで215本のボトリング。
ラフロイグ蒸留所は、アイラ島大西洋の荒波が打ち寄せる広い湾の海辺の窪地に
たっています。島には木が少なく、荒涼寂寛。緑の湿原が果てしなく続き、
冷たい川が網の目のように走っています。
塩辛い海風が、遮るもののない島を駆けめぐり、湿原の苔や小川の水に潮の香りを移し、
さらに海抜ゼロメートルの海岸線に立つ貯蔵庫を波しぶきが洗います。
このアイラ島特有の厳しい風土が、ヨードやクレゾールにたとえられる強烈な個性をもつ
アイラモルトの王者“ラフロイグ”を育んでいます。

ベンネヴィス 1997 11年
バーボンバレルから56.2%のカスクストレングスでボトリング。
ベンネヴィス蒸溜所は、ハイランド地方フォートウイリアム地区の最も古い
公認蒸溜所の一つで、1825年に創業され、1989年からニッカウヰスキーが所有しています。
標高1,343mのベンネヴィスの麓、清らかな雪解け水と豊かな自然に恵まれたこの蒸溜所は、
「品質本意」が信条。伝統的製法とニッカの技術で、スコットランドの最高峰の山
「ベンネヴィス」の名にふさわしく、香り高く、バニラのように
まろやかな味わいのスコッチウイスキーです。

ジャック・ウィーバーズ氏が選んだ、この二本。いかがですかね!?
今夜もvisionにて、お待ちしております。

ATCF Ltd. official web site はコチラ

Related Posts

  • ブログサムネイル画像

    2024年6月7日

    Vision

    グレンゴイン蒸留所 15年 オフィシャル ぎりぎりハイランドのモルトウイスキーとは? / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年5月31日

    Vision

    クライヌリッシュ蒸留所 10年 ディアジオスペシャルリリース2023 高評価の限定ボトル / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年5月24日

    Vision

    ローズアイル 12年 ディアジオスペシャルリリース2023 スペイサイドに現れた巨大蒸留所 / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年5月17日

    Vision

    アードベッグ蒸留所 スペクタキュラー 限定ボトル アードベッグデー2024 / 吉祥寺 Vision