ブラックカレー / Vision

DSC_2725

 

以前、ブラックカレーが美味しいとおっしゃっていた
お客様がいらっしゃったため、作ってみました。

ブラックカレーは2つのレシピのパターンが
存在するようで、イカスミで黒くするものと、
カレー粉と小麦粉を焙煎して焦がして黒くするもの。

今回は後者で作りました。

大変なことになりました。

美味しくできましたが二度と作りません。

焙煎をしようとしたら、当店のIHが空焚きと勘違いして
エラーになり焙煎できなかったため、
急遽燻製用に使用しているカセットコンロを取り出して焙煎。

そうしたら、焙煎の過程で小麦粉とカレー粉が
焦げる際に発生する煙と香りが凄まじく、
お客様がいない時間帯だったため入口のドアを開け放して換気。

その後カレー粉をボウルに取り出そうとしたら、
小麦粉が焦げてこびり着いて取れず。。。

しかしレシピを見ると、「黒く炭になり、焙煎後の
コーヒーのような香りになっていれば正解」
とあり、なんとなく正解っぽい。

その後は普通にカレーを作り、出来上がったら
1日寝かすと美味しくなるとのことなので、寝かしておきました。

 

家に帰り、シャワーを浴びて布団に入ったら、妻が
「シャワー後なのにカレーくさい」とのこと。

もう一度シャワーを浴びて、翌日出勤したら、
店がインド人の方が10人ぐらいいてひたすらカレーを
作っている本物のインドカレー屋さんの香りで満たされており、
急遽開店前に店全体をファブリーズすること3回。

そして翌々日出勤してきてもまだ消えることのないカレーの香り。

しばらく開店前ファブリーズは必須の模様です。

 

美味しくできております。

ただ、二度と作りません。
(二度と作らないから早く食べに来てください)

 

Wataru Kobayashi

 

Related articles

Back to Top