今年はやっぱり、PC6 と呼ばれます。/八嶋

2008/01/25

in: Vision
Visionの八嶋です。ゲール語で『盛り上がった砂浜』という意味をもち、
オイルっぽさや薬のような味を避け、複雑でしなやかなスタイルを造り上げる為に、
使用する大麦に焚きつけるピートは微量にとどめられており、アイラ島の中でも
高いスチルネックから造りだされ、エレガントで洗練された華やかさを持っています。
もうお分かりですね!今週オススメの『ブルイックラディ』です。

蒸留所は、1881年にアイラ島の海岸沿いにハーベイー家により設立されました。
1994年に一度閉鎖されたものの、2000年12月19日、マーク、ゴードン、サイモン、
ジムそしてアンドリュー氏らの手によって再び蘇りました。
蒸留所ではコンピューターや自動機器を一切使用せず、ヴィクトリア調の設備が
今もしっかり稼動しており、蒸留から熟成、瓶詰まですべてが蒸留所にて行われます。
現在、ブルイックラディ蒸留所では、ピートの違う3種類のモルトを生産しています。

ポートシャーロットがその一つ。ヘビーピートタイプのモルトウイスキーです。
実際にアイラ島にはポートシャーロットという地名があり、その昔ポートシャーロット
という蒸留所が存在していました。そして、オーナーのジムマッキュワン氏は、
ポートシャーロットという蒸留所の再建計画を実行中だそうですよ。。

yashima080125

ポートシャーロット PC6 2001 オフィシャル
去年5年もののポートシャーロットがでて、若くてピートがきいていて、
アイラらしいモルト。略されてPC5として知られていました。
今年は1年余分に熟成した6年もののポートシャーロットです。もちろんPC6。
一年余分の熟成がある分、ちょっとまろやかさがましているようですが、
ガツンとくるピート感はしっかりしているそうですよ。。
生産本数は18,000本、61.6%のカスクストレングスでボトリングされています。

ブルイックラディでは、地元アイラの大麦でのウィスキー生産を開始したそうです。
1回の蒸留に使う麦は同じ畑のものだけ、つまり一本のウィスキーが畑から生一本
という特別なものになるわけです。現在16の農家から麦を買い入れているので、
このアイラ産大麦のウィスキーは少なくとも16種類作られることになるわけです。
今から、農家の人が「うちの麦で作ったのが一番美味い」と話しているそうです。
ついにシングル・ヴィンヤードモルトのお目見えとなるやも知れません。

そんなことを期待しつつ、ヘビーなポートシャーロットいきますかね。。
今夜もvisionにて、お待ちしております

ATCF Ltd. official web site はコチラ

Related Posts

  • ブログサムネイル画像

    2024年2月20日

    Vision

    アードモア蒸留所 2010 12年 ウイスキーミュウ 新造人間キャシャーンラベル / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年2月13日

    Vision

    ディアジオスペシャルリリース&ディスティラーズエディション 限定モルトウイスキー入荷 / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年2月6日

    Vision

    スプリングバンク蒸留所 10年 / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年1月30日

    Vision

    アードナムルッカン蒸留所 AD/06.23 シェリーカスクリリース スリーリバーズ20周年記念 / 吉祥寺 Vision