今週のblogテーマ:ボクのお花見/八嶋

2007/03/26

in: Vision
あぁ、もう来週は4月ですかぁ。春ですねっ、ようやく。
桜の見ごろも、そろそろですね。だいぶ暖かくなってきたし。

桜といえば、お花見イメージですかね?それとも、入学式ですかね?
はたまた日本そのものですかね?桜のジャージーみたいに。
どちらにしても、桜自体が、春の一時期にある地域で一斉に咲き、
一週間足らずという短い期間で散っちゃうために、人々に強い印象を残し、
日本人の春に対する季節感を形成する大事な要素であるのは間違いないですね。
その開花期間の短さ、そしてその花の美しさが、人の命の儚さになぞらえられたり。
出会いと別れと。。みたいに歌の歌詞にもよく登場しますね。
みなさんは、どんなですかね?

僕自身、みんなでワイワイのお花見は、あんまりやったことがないですが、
ぶらぁりと桜咲く公園やお堀を散歩するのが好きです。二人で・・・

花満開って感じよりも「花吹雪」がいい感じ。響きもそうですし、字もね。。
「花びらが、あたかも雪がふぶいているかのごとく舞い散るさま」ですよ。素敵ね。
俳句の世界においては、桜が花吹雪の態で散る様子が、春の季節感の特徴的なさま
であるとして、春の季語とされてるくらいですから。。
儚いかんじの哀愁と明日からもの応援が一緒に感じられる情景ですね。

花吹雪をひっくり返して、フブキバナ(吹雪花)っていう花があります。
南アフリカ原産のお花だそうです。冬に咲く優しい藤色の小さいお花を
吹雪に見立てたもので、この時期にあちらこちらでよく咲いてます。
一枝一枝はふんわりで踊っているコトリの羽のようですよ。
この花も散ると、うっすら粉雪が舞い下りたように地面が薄紫化粧になります。
この花の別名が、やはり「花吹雪」。あら素敵。。

ことしは、こんな見方で桜を愛でてみるのも、いいかもしれませんよ。。
「花吹雪」。けっして「桜吹雪」とか「遠山の金さん」イメージはだめですよ。。

ATCF Ltd. official web site はコチラ

Related Posts

  • ブログサムネイル画像

    2024年4月19日

    Vision

    シークレットハイランド 2013 9年 ウイスキーミュウ 成田一徹 Bar K6 / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年4月12日

    Vision

    ストラスアイラ蒸留所 2013 9年 ウイスキーミュウ 鉄人28号ラベル / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年4月5日

    Vision

    スコッチモルトウイスキーソサエティ 78.72 贅沢なハギス / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年3月26日

    Vision

    吉田電材蒸留所 1年熟成 カラム3&カラム7 バーボンスタイルのジャパニーズグレーンウイスキー / 吉祥寺 Vision