初心者のための日曜モルト講座.10/小川

2008/05/18

in: Vision
visionサンデーマスターの小川です。

第十回目のモルト講座。今週も張り切って参りましょう。
「前回、受けられなかったよ。」という方もご安心を。
講座は、すべてバックナンバー制で、いつでも日曜日でしたら、ご用意ができます。
奮ってご参加くださいませ。

さて第十回目、予告通り、アイラモルトの飲み比べの続きです。
今回は「アイラモルト その二」です。

前回は、アイラ島についてのお話でしたので、
今回は、生産されるモルトウイスキーの特色について。

アイラモルトを表現する際に「海の香り」「潮の香り」「ヨード臭」
「クレオソート香」などがいわれ、強烈な個性があります。

アイラモルトの独特のフレーバーは、原料である大麦の発芽を止めるため、
「ピート」と呼ばれる植物が炭化した、泥の炭を焚き、
乾燥させる工程に生まれるとされています。

アイラ島は、地表の約4分の1がピートで覆われていて、
このピートは、英本土のピートとはまったく違います。
それはこの島の気候風土と関係があります。岸辺に打ち上げられた海草が
強風で島内に運ばれ、ほかの植物と共に炭化したのです。
また、水道からは茶色い水が出るほどピートが溶け込んでいる仕込み水。
熟成庫も対岸沿いに建てられ、潮風の影響を受けているのです。

ラフロイグ蒸留所のイアン・ヘンダーソン所長は、
「うちの酒を飲んだ人は、大好きになるか大嫌いになるかどちらかです」と
いってるほどの個性的なウイスキーを生み出すアイラモルトを、
今週も味わってください。

今回は・・・

ラフロイグ
ポートエレン
ボウモア
ブルイックラディ

です。

閉鎖蒸留所も含め、全制覇しちゃってきださい。
皆様の御来店、お待ちしております。

ATCF Ltd. official web site はコチラ

Related Posts

  • ブログサムネイル画像

    2024年5月17日

    Vision

    アードベッグ蒸留所 スペクタキュラー 限定ボトル アードベッグデー2024 / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年5月10日

    Vision

    クライヌリッシュ蒸留所 2011 12年 ウイスキーミュウ 川瀬巴水ラベル / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年5月3日

    Vision

    カリラ蒸留所 2010 12年 & プルトニー蒸留所 2013 9年 ウイスキーミュウ 銀河英雄伝説 / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年4月26日

    Vision

    グレンファークラス蒸留所 2013 9年 北斗の拳ラベル ウイスキーミュウ / 吉祥寺 Vision