初心者のための日曜モルト講座.9/小川

2008/05/10

in: Vision
visionサンデーマスターの小川です。

第九回目のモルト講座。今週も張り切って参りましょう。

「前回、受けられなかったよ。」という方もご安心を。
講座は、すべてバックナンバー制で、いつでも日曜日でしたら、ご用意ができます。
奮ってご参加くださいませ。

さて第九回目は前回からの続き、地域に的を絞り、
それぞれの地域性を飲み比べていきます。今回は「アイラモルト」です。

アイラモルトを産するアイラ島は、日本でいえばちょうど淡路島くらいの大きさです。
蒸留所は全部で七カ所。北から時計回りに「ブナハーブン」「カリラ」「アードベッグ」
「ラガヴーリン」「ラフロイグ」「ボウモア」「ブルイックラディ」となります。

アイラ島でウイスキー造りが盛んになったことにはいくつかの理由が考えられます。
ヘブリディーズ諸島の中で比較的気候が温暖で大麦の成育に適していたこと、
全島が厚いピート層に覆われピートがふんだんに手にはいったこと、
良質の水に恵まれていたことなどです。
また、アイルランドよりウイスキー造りがスコットランドへ最初に伝わったのが
アイラ島だったという歴史的なこともあります。

人口わずか四千人の住人の多くは、酒造りと何らかのかたちで関わっていて
切っても切れない関係にありました。紛れもなく「スコッチの島」なのです。

アイラモルトの特色である、他と間違い様のない香りと味の秘密は、
大部分この地で採れるピートが握っています。
・・・この話はまた次回に。

アイラモルト、今回も二週にわたって、全蒸留所飲み比べです。

その1

ブナハーブン
カリラ
アードベッグ
ラガヴーリン

です。

当店でも、モルトの約3分の1は、アイラモルトです。
ある種、人気が先行している所がある様に思えますので、
この機会にじっくり味わってください。

皆様の御来店、お待ちして下ります。。

ATCF Ltd. official web site はコチラ

Related Posts

  • ブログサムネイル画像

    2024年6月7日

    Vision

    グレンゴイン蒸留所 15年 オフィシャル ぎりぎりハイランドのモルトウイスキーとは? / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年5月31日

    Vision

    クライヌリッシュ蒸留所 10年 ディアジオスペシャルリリース2023 高評価の限定ボトル / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年5月24日

    Vision

    ローズアイル 12年 ディアジオスペシャルリリース2023 スペイサイドに現れた巨大蒸留所 / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年5月17日

    Vision

    アードベッグ蒸留所 スペクタキュラー 限定ボトル アードベッグデー2024 / 吉祥寺 Vision