厚く御礼申し上げます!そして、今日も/八嶋

2007/10/22

in: Vision
Visionの八嶋です。やはり、あっという間に終わってしまいました。12周年イベント。
多数の方々に、いらして頂き誠に有難うございます。感謝の気持ちで一杯です。
早くも13年目がスタートいたしました。今後もモルトウェアハウス目指して
精一杯頑張りますので、末永くご愛顧頂きますよう宜しくお願い申し上げます。
本当にありがとうございました。

さて、今日も懲りずにご案内です。
スペイサイドはマレイ州から名づけられたグレンマレイ蒸留所は、エルギンの郊外
ロッシー川のほとりにあります。北海(厳密にいうとマレイ湾)に面したマレイ州一帯は
レアック・オ・マレイと呼ばれ、大麦の主産地として古くからたいへん有名でした。
ハイランド地方の中では比較的気候が温暖で、地元の人々は
「このあたりは他のスコットランドに比べて、夏が40日も長い」と自慢するそうです。
この文言はボトルのラベルにも書いてあるそうです。

現在、蒸留所が建っている場所は、18世紀にはビール工場があったところらしく
ダラス・ムーアの豊富な湧き水とマレイ州の良質の大麦が、ビール醸造を盛んに
していたようです。姉妹蒸留所のグレンモーレンジも、かつてはビール工場でしたね。
ビール工場を改造して蒸留所が建てられたのは1897年。創業者は地元エルギンの
実業家で、ビール工場の前は、処刑場だったといいます。
1962年、新しい熟成庫を建設中に、地中から数個の頭蓋骨が出てきたそうです。こわっ。
なので、創業後しばらくして操業停止に追い込まれ、長い期間閉鎖されていましたが、
1920年にミュアー社が買収して操業を再開しました。現在はフル操業中です。
発酵の際に使うイースト菌は、純粋培養酵母とビール酵母の2種類を使用。
これは、昔のビール工場の流れなんですかね。。
また、グレンマレイは、初めて白ワイン樽を熟成に使用し、ワイン メローイングなる
シリーズをリリースしたりています。

そんなグレンマレイのオールドものを見つけました。それがこちら・・・

yashima071022

グレンマレイ 12年 オフィシャル オールドボトル
このボトルはウィスキー特級の時代に出ていた旧瓶のオフィシャルボトルです。
度数はその時代の標準43%。色は淡い琥珀色で、香りは濃密でスイートな麦芽香。
味わいは骨太でオイリー、実に滑らかな舌触り。フィニッシュは極めてライトで心地いい。

古き良き時代に思いを馳せて、一杯いかがですかね。。
今夜もVisionにて、お待ちしております。

ATCF Ltd. official web site はコチラ

Related Posts

  • ブログサムネイル画像

    2024年5月17日

    Vision

    アードベッグ蒸留所 スペクタキュラー 限定ボトル アードベッグデー2024 / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年5月10日

    Vision

    クライヌリッシュ蒸留所 2011 12年 ウイスキーミュウ 川瀬巴水ラベル / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年5月3日

    Vision

    カリラ蒸留所 2010 12年 & プルトニー蒸留所 2013 9年 ウイスキーミュウ 銀河英雄伝説 / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年4月26日

    Vision

    グレンファークラス蒸留所 2013 9年 北斗の拳ラベル ウイスキーミュウ / 吉祥寺 Vision