取り扱い注意/小川

世間にはよく「世界三大~」なんてものがあります。珍味だったり、美女だったり。
色々調べてみると、「世界三大美果」と云われるものを発見。
興味を引かれ、詳しく調べると、その三つは、マンゴー、マンゴスチン、チェリモヤ。

チェリモヤ??なんですか?それ。今まで、聞いたことも見たこともありません。
なんでも、南米原産の果物で、その味はバニラアイスのようにクリーミーで甘いとのこと。
知ってしまうと、止まりません。実物を見たい!食べたい!

普段から、フルーツ売り場は隈無く見るのですが見付からない・・・。
時季的なものがあるのかなと諦めかけていた頃、
違う用事で訪れた新宿伊勢丹にその魅惑の果物はありました。

しかし、値段をみてびっくり!オレンジほどの大きさで、一個2000円なり。高っ!!
でも、勉強も兼ねて購入。

さぁ、どうしてくれよう・・・。この果実、追熟させ、冷やして頂くことは勉強済み。

待ちました。

待って、待って、周りの人達に期待をさせ、
いざ、割ってみると、半透明のはずの実が、まっ茶色。

「腐ってやがる。遅すぎたんだ・・・。」(ナウシカより)

Related articles

Back to Top