霧の島とアザラシの島のエール/八嶋

2007/09/15

in: Vision
visionの八嶋です。スコットランド北部、そして、西部の魅力的なウイスキーを
産出する島々は「アイランズ」と呼ばれます。
そのうち最も大きな島が、インナーヘブリディーズ諸島のスカイ島です。
本島から狭い水路で隔てられたスカイ島は、荒涼とした大地に
クィリン・ヒルズをはじめとする険しい山々が連なる美しい島で、
ボニー・プリンス・チャーリー(スコットランドの歴史上の英雄)が
フランスに逃亡する際に経由したことでも知られています。
スカイ島は、翼がある架空の人神スカアハの伝説に関連づけてイリアナ・ヒョー、
即ち「霧の島」という名で知られています。スペクタクルな風景、活気に満ちた文化や
文物、イヌワシやアカシカをはじめとする豊かな野生生物でも知られているんです。

そして、オークニー島は、スコットランド北東沖に位置する諸島の一つで、
ローマ時代にはオルカデスと呼ばれていました。スコットランド本土の北、北緯59度。
大小70余りの島々からなっています。オークニーとは古代ノルド語(バイキングの言葉)で
“アザラシの島”の意味。かつてバイキングが支配していた歴史のあるこの地には、
今でも地名などにその影響が色濃く残っています。また、バイキングの支配後、
デンマーク王の手を経て正式にスコットランド領となったのは1468年のことですが、
現在の島民は、北方のノルマン人とケルト系住民の混血であることから、
自らをスコティッシュではなく、オークニー人、“オーケディアン”と呼んでいます。
およそ3,000にも及ぶ新石器時代の古代遺跡があると言われ、なかでもメインランド島には、
ストーンサークルであるリング・オブ・ブロドガー、スタンネスの立石、
円形古墳メイズハウ、そしてスカラブレイの住居跡といった4つの世界遺産があり、
特にスカラブレイは、近年の年代測定で遙か5200年前の遺跡であることが判明したそうで。
それはエジプトのギザにピラミッドが築かれた6~7世紀以上も昔のことで、
オークニーは“北のエジプト”とも言われているんです。

そう、こんな二つの島で造られるエールタイプのビールをご用意しました。

yashima070915

ダークアイランド Dark Island オークニー島
スコットランド北端、オークニー諸島の中心に位置するメインランド島の
ストロムネスにある醸造所。シングル・モルトで有名なこの地で1988年
ロジャー ホワイトさんとイレーヌさんという夫婦が廃校を利用して創業しました。
1995年には近代的な新しい設備が完成し、生産の中心は当然リアルエール。
ボトル製品も作っており、2005年にはこの地方ではものすごく珍しいラガー
「59 Degrees North」までラインナップに加えたそうです。
ところでこのオークニー醸造所、設立20年にして結構波瀾万丈な感じ。
2004年にスコットランド本島のアーガイル州にあるアトラス醸造所と合併して
ハイランド&アイランド醸造所という会社になり、アトラス醸造所の創業者である
ネイル コットンさんの手でブランドの再構築をはじめとした改革が行われました。
先の「59 Degrees North」はこのために生まれた製品ですね。
そしてさらに、2006年の夏にはシンクレア醸造所に
ハイランド&アイランド醸造所ごと買収されています。
数々の賞を受賞した、このダーク・エールはホップのフレーバーがほとんどなく、
スモーク臭とロースト香が非常に強いビールです。

ブラッククィリン Black Cuillin スカイ島
スコットランドで2番目にスカイ島。「Leann an Eilein」(ゲール語で「翼ビール」)
として知られるスカイ島醸造所は、1995年、2人の教師によって港町ウイッグに
オープンした醸造所なんです。1996年に片方の先生は身を引いて本業に戻り、
もう片方のアンガス マクラリーさんが、法人化するまでひとりで営んでいたようです。
マクラリーさんはすでに教職を退いて醸造所の経営に専念し、
元料理人のパム ジョーンズさんとノリー マクラウドさんとともに、ビールを作ってます。
ちなみに、ジョーンズさんはスコットランド唯一の女性醸造家なんだとか。
この「Black Cuilin」は、麦芽とホップに加え、ローストしたオート麦や
ハチミツが副原料として使われています。
ダーク・スコッティッシュ・エールの、このビールはコクがあり、スモーキーで
ロースト香もありますが切れ上がり早く、後味はサッパリのビールです。

さぁ、当店自慢のバスペールエールのドラフトと飲み比べしますか!?
はたまた、ハイランドパーク、タリスカーのチェイサーにしますか!?
まぁ、じっくり味わってくだされ。。サイズも500mlありますからね。。

今夜もvisionにて、お待ちしております。

ATCF Ltd. official web site はコチラ

Related Posts

  • ブログサムネイル画像

    2024年7月19日

    Vision

    シークレットアイラ 2009 14年 テイスター アードベッグ蒸留所 / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年7月12日

    Vision

    ノックベック アードベッグ蒸留所 2018 4年 キングスバリー / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年7月5日

    Vision

    イチローズモルト ワールドブレンデッド ウイスキーミュウ ブラックスタンダード / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年6月28日

    Vision

    スコッチモルトウイスキーソサエティ コード10.254 実に豪快なウイスキー / 吉祥寺 Vision