2日間限定の蔵出し!その名も、ピアレス/八嶋

2007/11/09

in: Vision
visionの八嶋です。1938年、ビジネスマンのアベ・ロッセンベルグ氏により
ダンカン・テイラー社は、アメリカ合衆国で設立されました。
彼の良きパートナーであるチャーリー・グットマン氏は、スコッチウィスキーに魅了され、
1960年代の初頭からスコットランド全域の数多くの蒸留所のニューフィリングの樽を
購入したんだそうです。
これが結局は、熟成されたレアなプライベートコレクションとして
現在でも、高値をつける世界最大級のものとなったのです。
1994年、アベ氏は85歳でこの世を去り、ダンカン・テイラー社は慈善団体の監督下に。
2000年にユアン・シャーン氏が、その団体から連絡を受け、何千丁という樽購入を打診され
彼は、この樽のストックの品質を確かめ、類まれなるコレクションを購入することを決意し
同僚のアラン・ゴードン氏と共に資金を集め、2002年、長期熟成のストック樽から
選び抜いた原酒を、『ピアレス“他に類を見ない”』という意味合いのコレクションとして
リリースを始めたのです。高品質な60年代や70年代蒸留のウイスキーたちをです。

現在、ボトラーズの中で60年代の樽の保有数でNo.1と言われているダンカンティラー社。
そんな「ピアレス」。vaneとvinsantoの周年にあわせて、協賛のフェアーです。

yashima071109

スキャパ 1977 27年
ボトラーズものが少ないオークニー島のスキャパ。
チョコレート香とナッツの味わいが絶妙で、往年のスキャパここに復活です。

プルトニー 1977 28年
フルーツのトップノートの中に潮気があり、味わいはまずクリーミーで、
後半にピートとヨードノ感じが出てきます。加水すると、オイリーさとヨードが
より感じられ、飲んでいくうちに塩辛さが残ります。

キャパドニック 1968 38年
総ボトリング数166本カスクナンバー2619
トロピカルな香りと黒糖のような味わいは抜群です。
ピアレスコレクションの中でも屈指のコストパフォーマンスを持つ蒸留所です。

ブナハーブン1967 36年
バニラとすみれの香り、磯臭いフルーティーさは長期熟成のアイラならではで、
かすかなスモークさとフルーティーさとが絶妙にマッチしています。
完熟フルーツの香りと味が混然一体となり、鼻と舌を同時に刺激します。
フィニッシュに現れるスモーキーさがアイラモルトらしい逸品です。

金、土の2日間限定の蔵出しです。どれも残り僅かです、お早めに。
今夜もVisionにて、お待ちしております。

ATCF Ltd. official web site はコチラ

Related Posts

  • ブログサムネイル画像

    2024年4月19日

    Vision

    シークレットハイランド 2013 9年 ウイスキーミュウ 成田一徹 Bar K6 / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年4月12日

    Vision

    ストラスアイラ蒸留所 2013 9年 ウイスキーミュウ 鉄人28号ラベル / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年4月5日

    Vision

    スコッチモルトウイスキーソサエティ 78.72 贅沢なハギス / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年3月26日

    Vision

    吉田電材蒸留所 1年熟成 カラム3&カラム7 バーボンスタイルのジャパニーズグレーンウイスキー / 吉祥寺 Vision