アービキー スコットランドのじゃがいもクラフトジン / 下北沢 Fariground

アービキー

スコットランド、ハイランドより「アービキージン」のご紹介です。
2013年に稼働スタートと新しい蒸留所で、4世代続く農場出身の
ジョン、イアン、スターリングの3人の兄弟が実家の農場内に設立したのが始まりです。
ベースになっているスピリッツは実家農場でとれるじゃがいも。
その他スコットランドの国花でもあるアザミの花、ビルベリーなどを使用しています。

 

Arbikie Kirsty’s Gin
アービキー キースティーズ・ジン

名前の由来はマスターディレクター、キースティ・ブラックさんからきているとのこと。
ブルーベリーや昆布などをボタニカルに使用。
クリーミーな味わいはジントニックやマティーニ等のカクテルにしても面白いです。

 

Arbikie AK’S Gin
アービキー AK’sジン

こちらのジンは兄弟の父親アレクサンダー・カークウッド・スターリングさんにちなんで名づけられたジン。
農場で栽培された小麦や新鮮なアンガスのはちみつ、黒コショウやカルダモンを使用。
これらのボタニカルと生姜の愛称が非常に良いのでジンジャエールで割ったジンバックがおすすめです。

ウイスキーの産地として有名なスコットランドですが、近年、小規模蒸留所がそのノウハウを生かし色々なジンを作っています。ジン好きの方は要注目です。

 

Ryo Ueda  植田涼

Faiground  Bar&Wine shop 下北沢
03-6407-9662
Google Map  世田谷区北沢2-10-20 ミカン下北 D-201
Facebook
Instagram

Related articles

Back to Top