GAJAバローロカスクの存在感、ここにあり!/八嶋

2008/05/19

in: Vision
visionの八嶋です。スプリングバンク蒸溜所は、スコットランド西岸の
キンタイア半島先端のキャンベルタウンという小さな町にあります。
1828年、レイド家によって創業されましたが、1837年にはミッチェル家に買収されました。
その後、現在までミッチェル一族が経営を続けており、スコットランドでは数少ない
独立資本の蒸溜所のひとつとなっております。
創業以来、一貫して100%自家製麦のフロアモルティングを行い、石炭での直焚きをして、
自社で最終工程までの全ての管理を蒸溜所内で行なっているのは、ここだけなのです。

そんなスプリングバンクのセカンドラベル的存在がロングロウです。
これは、実際にキャンベルタウンに存在していた蒸留所をブランド銘で復活させた
もので、キャンベルタウンとハイランド産のピートのみで麦芽を乾燥させ、
手間ひまをかけて造る最高に贅沢なシングルモルトです。
オイリーでスモーキー、非常にヘビーと言われ個性的な味わいなんです。

このロングロウのウッドエクスプレッションシリーズがリリースされました。
イタリアワインの盛隆にも貢献したとも言われるアンジェロ・ガイヤ氏がつくる
ピエモンテ州のバローロワインの樽(210L)を使って。。それがこちら・・

yashima080519

ロングロウ 2000 7年 GAJAバローロカスク
バローロはネッビオーロ種からつくられる「ワイン王、王のワイン」と称えられる
イタリアの最高級赤ワインで、しっかるしたタンニンと深いコクが特徴です。
5年半リフィルバーボンバレルで熟成後、バローロカスクで18ヶ月間熟成し
濃い赤茶色のロングロウは、7年熟成の刺激的なピートスモークにバローロカスクによる
フルーティさとボディが加わり見事なバランスに仕上がっています。

また、初めからこのボトリングのために樽を入手し、土の地面と湿り気が特徴な
スプリングバンクで一番古く、最高のコンディションといわれるBond3 で熟成。
フレーバーは現行の10年と比べると比較にならない程、ピートが強く出ており、
ミーティーで塩気と噛み応えもあり、パルマハムのような味わいです。
2008年1月に12.120本の限定ボトリングで、55.8°のカスクストレングスです。

ロングロウに期待する要素が見事に詰まった1本で、バローロとの組み合わせは
大成功のようですよ。楽しみです。今夜もvisionにて、お待ちしております。

ATCF Ltd. official web site はコチラ

Related Posts

  • ブログサムネイル画像

    2024年7月12日

    Vision

    ノックベック アードベッグ蒸留所 2018 4年 キングスバリー / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年7月5日

    Vision

    イチローズモルト ワールドブレンデッド ウイスキーミュウ ブラックスタンダード / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年6月28日

    Vision

    スコッチモルトウイスキーソサエティ コード10.254 実に豪快なウイスキー / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年6月21日

    Vision

    ウィリアムソン ラフロイグ蒸留所 2010 13年 ディスティラリーコレクション / 吉祥寺 Vision