イアンマクロード チーフテンズ / 吉祥寺 Vision

2007/07/12

visionの八嶋です。これだけひしめき合うボトラーズ会社の需要を満たすだけの樽が、
いつまでもあるものなのだろうか・・・?
大手のボトラー以外はどこも、樽の入手先はおなじブローカーなんだそうですよ。。
となると、いい樽は次第に奪い合い状態に。
遅かれ早かれ、弱小ボトラーは淘汰されてしまうのかもしれませんね。

ドイツの有名なオンラインショップ『ザ・ウイスキー・ストア』のマネージャー
ホルスト・ルーニング氏は、『ビッグ4』以外のインディペンデントボトラーは、
今後10年以内に消えるだろうという厳しい予測をしています。
ちなみにビッグ4というのは、イアンマクロード、ゴードン&マクファイル、
シグナトリー、そしてダクダスレインの4社。
参考までに、ビッグ4の所有している樽数はといえば・・・
●イアン マクロード:20,000樽(Glengoyne倉庫を除く)
●ゴードン&マクファイル:17,000樽(Benromachを除く)
●シグナトリー:12,000樽(Edradourを除く)
●ダグラスレイン:10,000樽

彼は、今後のスコッチ業界で生き残っていけるのは『ウイスキーメーカー』だけだと。。
すなわち、蒸留所を所有しているウイスキー会社ということです。シビアですね。
そして、今回はその中でも・・・

yashima070712

 

イアンマクロード Ian Macleod をご用意しました。
スカイ島の豪族であり名門のマクロード家。そのイアン・マクロードがオーナーで、
エジンバラ近郊のブロックスバーンに本拠地を置き1895年に創業しました。
以前リリースしていた「チーフテンズ・チョイス」は
2001年に「チーフテンズ」と変更され、ラベル、パッケージ共に一新されました。
「チーフテンズ」とは、酋長とか族長という意味をもちます。
そして、ラインナップは・・・

カリラ 1993 13年 Sauterne Finish
ベンリネス 1996 10年 Sauterne Finish
ダルユーイン 1996 10年 Medoc Finish
リンクウッド 1996 10年 Burgundy Finish
ロングモーン 1994 11年 Manzanilla finish
トーモア 1990 13年 Port Finish
グレンタレット 1993 12年 Port Finish
トマーチン 1992 14年 Muscatel Finish

同社の意欲作であるフィニッシュシリーズを是非堪能してください。。
今夜もvisionにて、お待ちしております。

 

ATCF Ltd. official web site はコチラ

Related Posts

  • ブログサムネイル画像

    2024年6月21日

    WHISKY BAR Vision Scotch whisky

    ウィリアムソン ラフロイグ蒸留所 2010 13年 ディスティラリーコレクション / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年6月14日

    WHISKY BAR Vision Scotch whisky

    ミルトンダフ蒸留所 2008 12年 スリーリバーズ バニラ シングルモルトウイスキー / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年6月7日

    WHISKY BAR Vision Scotch whisky

    グレンゴイン蒸留所 15年 オフィシャル ぎりぎりハイランドのモルトウイスキーとは? / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年5月31日

    WHISKY BAR Vision Scotch whisky

    クライヌリッシュ蒸留所 10年 ディアジオスペシャルリリース2023 高評価の限定ボトル / 吉祥寺 Vision