武蔵野 MALT CLUB ザグレンリベット研究 / 吉祥寺 Vision

2009/06/05

vision……….
日時:6月7日(日)17:00~4:00
店舗:vision 吉祥寺
費用:¥1,050/蒸留所別テイスティングセット
予約:0422-20-2023/info@atcf.jp

定員:10名 担当:小川、池田【武蔵野 MALT CLUBとは?】
創業15年目を迎える malt bar vision が、
シングルモルトへの飽くなき追求と更なる発展を目指し、
日頃より、当店をご利用いただいている皆様に、
毎週、ひとつの蒸留所にフォーカスをあてた呑み比べや、
モルトと料理の相性、ブラインドの蒸留所当てなど、
普段とは、少し違う呑み方、楽しみ方を通じて、
よりモルトの世界の奥深さと楽しさを知ってもらおうという
どなたでも自由参加できる定期開催イベントです。

【schedule】
6/7 ディスティラリー研究/Glenlivet
6/14 モルト相性診断 コットランド料理&国内郷土料理
6/21 ディスティラリー研究/Benrinnes
6/28 特別企画!長熟モルト試飲会

ディスティラリー研究の対象蒸留所のリクエストも随時、受け付けております。
お気軽にご相談くださいませ。

さて、6月最初のディスティラリーズ研究は、
花の様にエレガントでクリーン、政府公認蒸留所第1号の美酒「グレンリベット」です。

Malt Bar vision-200906020055000.jpg

スペイ川の支流、リベット川とエイボン川が合流する、
スペイサイドの中でも少し奥まった標高約270mのリベット渓谷に蒸留所はあります。
一帯は清涼な空気と冷たく良質な水、豊富なピートに恵まれ、
かつて数多くの密造所が存在した場所です。
創業者のジョージ・スミスの造るウイスキーはその時代から、高い評価を得ていました。
そして1824年、酒税法が緩和されると、政府公認第1号の蒸留所となりました。
しかし、これによって密造所仲間には命まで狙われたといいます。
その後、その評判にあやかるべく、次々と“グレンリベット”を冠する蒸留所が現れたが、
訴訟の末、同社のみが定冠詞「THE」を付けてその名を名乗れることに。
味わいは、花やフルーツを感じさせ、エレガントでクリーン。
シャープな切れ味で美しくも味わい深い。
仕込み水である、ジョージの泉は、ウイスキー造りには珍しい、ミネラルに富む硬水です。
1970年代、アメリカで一番人気のあるモルトにもなりました。

オフィシャル、12年のスタイル違いと、ボトラーズ3種の飲み比べです。
皆様のご参加お待ちして下ります。。

Related Posts

  • ブログサムネイル画像

    2024年6月7日

    WHISKY BAR Vision Scotch whisky

    グレンゴイン蒸留所 15年 オフィシャル ぎりぎりハイランドのモルトウイスキーとは? / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年5月31日

    WHISKY BAR Vision Scotch whisky

    クライヌリッシュ蒸留所 10年 ディアジオスペシャルリリース2023 高評価の限定ボトル / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年5月24日

    WHISKY BAR Vision Scotch whisky

    ローズアイル 12年 ディアジオスペシャルリリース2023 スペイサイドに現れた巨大蒸留所 / 吉祥寺 Vision

  • ブログサムネイル画像

    2024年5月17日

    WHISKY BAR Vision Scotch whisky

    アードベッグ蒸留所 スペクタキュラー 限定ボトル アードベッグデー2024 / 吉祥寺 Vision