visionは、イギリスビール系だらけ/八嶋

visionの八嶋です。操業160年、ロンドンに醸造所のあるヤング社のビール。
ロンドンでは、どこのパブに入ってもタップが置いてあるとか。
そんな、ヤング社のビールをVisionにも、ご用意することにしました。
どんどん、イギリス系ビールが充実してきています。

yashima070924

ヤング スペシャルロンドンエール
ロンドンを代表するヤングスペシャルロンドンエール。
ロンドンはホップの生産地ケント州に近い為か、ロンドンの若者はホップの苦味や
シャープな味わいを好みました。そして、ホップを強調した物がロンドンエールの特徴
となったのです。 口当たりの柔らかいストロングエールで、やわらかい味は
ロンドンの水が軟水であるのも理由の一つです。深めのブラウン色で
モルトとホップのバランスよい香りがツーンと馥郁とただよいます。
ただ瓶内二次醗酵をしているので飲むタイミングにより味が変化してゆきます。

ヤング ビターエール
ヤングといえばBitterといわれるくらい有名なエール。
ハイクオリティの伝統的な原材料のみを使い、代々引き継がれてきた手法を
守りながら愛情を持って醸造されています。ホップと柑橘系の果物を思わせる香りと、
フレッシュな苦味の明るい金色をしたビターエールです。
ヤング社商品の中でも売れ筋ナンバーワンの商品です。。

ヤング ダブルチョコレートスタウト
ダークエールに板チョコとチョコレートエッセンスを加えて造られています。
けして甘すぎない程良い甘さで、口当たりは絹のように滑らかでキメが細かく、
贅沢な雰囲気が漂います。離れて見るとほとんど黒色ですが、グラスに注ぐと
ダークルビーレッド色をしています。後味にまろやかなビターチョコレートの
甘さとほろ苦さが心地よく残ります。贅沢な気分に浸れるビールです。

どれも500mlサイズですが、飽きの来ない味わいで、ゆっくり楽しめます。

さて、今週のお料理は

豚の角煮
砂糖をキャラメリゼして赤ワインや醤油、チキンブイヨンにオレンジピールなどで
じっくり煮込んだところに、風味ずけにシナモンを少々。。
からしではなく、自家製のオレンジピール粒マスタードを添えて召し上がって頂きます。
今週でVision研修を終える古賀さんの料理も素敵に仕上がってます。お楽しみに。。

今夜もvisionにて、お待ちしております。

ATCF Ltd. official web site はコチラ

Related articles

Back to Top