愛しさと切なさとアンチテーゼと 下/加藤

2008/05/02

in: BAR
このM越の屋上は見晴らしがよく、色々な動物達の乗り物や遊具、
小さなゲームコーナーやステージ、ちょっとした休憩所などがあって、
大人も子供もゆっくり寛げる空間で、小さい頃は幾度となく亡き母に連れられ訪れた場所。
気持ち良く美味しいお弁当を食べるには、持ってこいなのです。

そんな説明をカミさんにしつつ、屋上への階段を昇り外に出てみると・・・
そこには乗り物も遊具も無く、全く使われなくなったステージが、
寂しくたたずむ空虚で色褪せた空間が広がるのみ。私、唖然。
確かにニュースなどで、デパートの屋上遊園地などが次々と閉鎖されているという話は、
何年か前に聞いた事がありましたが、自分の思い出に残っている場所にも、
同じ事が起こっていたとは。
この屋上に来なくなって20年余り、歳月とはかくも残酷なものか。
少子化とそれに伴う社会構造の変化は、色々な所に影を落とすものですね。

とにもかくにも食事をと、寂しげなステージの裏で缶ビールをプハァ~と。
気温が高く暑いぐらいだったので、すこぶる美味い。厳選したお弁当も極旨。
しかし噛み締める米粒の一つ一つから、切なさが溢れてくる。
多くの家族で賑わう中、母に手を引かれ、一つ20円の飴玉に舌鼓を打ちつつ、
はしゃいで遊んでいたあの頃。今や面影すら残さぬほど退廃し、
人影が殆どなくなった同じ場所で、亡き母の代わりに傍らに居る愛するカミさんと、
あの頃は食べた事も無かったウニに舌鼓を打つ。
そんなアンチテーゼが、大人になったって事なのかしらん?
なんて思ったりしてみる。大人って切ない生き物。
でも、隣で美味しそうな笑顔をたたえているカミさんを見ていると、
そんな切なさも悪くないと思えてくるから、不思議なものです。

どんな美味しい食べ物も、しっかり噛み締め味わうから美味いと感じる。
人生もまた、色々な想いを噛み締め感じてゆくからこそ、楽しいのかもしれませんね~。
あらっ、今回のアタシったら真面目だこと。

ATCF Ltd. official web site はコチラ

Related Posts

  • ブログサムネイル画像

    2024年3月3日

    BAR

    グレントファース蒸留所 10年 レディオブザグレン PXカスクのウイスキーをレビュー / 下北沢 Fairground

  • ブログサムネイル画像

    2024年3月3日

    BAR

    コンパスボックスフライトでアートなウイスキーも飲み比べをおすすめ / 代々木上原 Whisky Gibier

  • ブログサムネイル画像

    2024年3月3日

    BAR

    入手困難イチローズモルトから定番の知多まで 話題のジャパニーズウイスキー 4選 / 恵比寿 VinSanto

  • ブログサムネイル画像

    2024年3月2日

    BAR

    ハーバリスト ヤソジン リメンバーザムーン 24/1月限定 昆布と柚子 越後薬草のクラフトジン / 国分寺 LIBRE