Cacio e pepe / Fairground

カチョエペペ

こんばんは、Fairground 藤井です。

皆様パスタの起源はご存知でしょうか?
現在知られている最古で紀元前4年にエトルリア人の遺跡から今とほぼ同じパスタを作る道具が出土してるみたいです。かなり昔から親しまれている食べ物なんですね。

もともとローマ人にとっては、日本人でいうお粥みたいな食べ物であったようで、幕末に日本に初めて持ち込まれたとき、日本人は「うどんみたいだ」と感じたそう。
ちなみに、「パスタ」と「スパゲッティ」は混同しがちですがパスタはスパゲッティを含む総称で、スパゲッティは直径が2mmのロングパスタを指します。

その後、日本でもパスタを食べる人の増加に伴い需要が大きく高まったので、国内でパスタの大量生産が始まった昭和30年はパスタ元年と呼ばるようになりました。
そしてバブル期に「イタ飯」というワードが流行したことによりファッション、家具などと共にイタリア料理も日本で市民権を得ることが出来ました。
この時代に流行っていたティラミスのブームを後押ししたのもこのワードですね。
それにより、昔スパゲッティと言っていた日本の多くの方が、オイル、トマト、クリームなど細かくベースを指定するようになったと言われています。

そしてパスタといえば代表格が「アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ」ではないでしょうか。
アーリオはニンニク、オーリオはオリーブオイルを、ペペロンチーノは唐辛子を意味し、オイル系パスタの代表格として日本でも知られています。
それと同じくらいシンプルな、イタリアの首都ローマ名物のパスタをご存知でしょうか?

 

Casio e pepe
カチョエペペ

使っているのはシンプルな材料ですが、削ったチーズと黒胡椒、茹で汁との混ざり具合が非常にマッチし、ワインとのペアリングでも、締めの一品でも美味しく召し上がれる料理となっております。
当店にご用意がありますので、是非ローマの雰囲気を少しでも感じて頂けたらと思います。

 

Yoshiki Fujii  藤井善貴
Faiground Wine bar & Gallery  下北沢
03-3464-4641
Google Map  世田谷区北沢2-3-12 友和ビルB1

Related articles

Back to Top