ノックベッグ 4年 キングスバリー アードベッグのティースプーンモルトウイスキー / 下北沢 Fariground

ノックベッグ

Cnoc Beag 4y 2017 Kingsbury
ノックベッグ 4年 2017 キングスバリー

みなさんはティースプーンモルトという名前をご存知でしょうか?
シングルモルトに別の蒸留所のウイスキーを少量混ぜて瓶詰めされるウイスキーをそう呼びます。
これにより、シングルモルトからブレンデッドモルトに変わります。
蒸留所から買い取ったお酒をそのままではリリース出来ないときに行われることがあります。
ブレンデッドと言っても、ティースプーンと表現されるほど少ない量ですので、元に味にはほとんどといっていいほど影響なく、本来の蒸留所の味を楽しめます。

リリースしたのはキングスバリー社。
スコットランドのアバディーンで設立され、様々なウイスキーをリリースしてきました。
今回のボトルはゴールドと呼ばれるカスクストレングスのシリーズです。
熟成年数は4年とスコッチでは短い熟成年数。
これはウイスキーに重要視される熟成年数も大事だが、蒸留年、いわゆるヴィンテージも大事だという考えからです。
そのため、蒸留年である2017という数字がラベルに大きく書かれています。

ノックベッグとはゲール語で小さい丘。
どこかで聞いた事がある名前ですね。
蒸留所は非公開なのですが、好きな人には分かる。
オフィシャル以外のリリースも少ないあの蒸留所です。
というかアードベッグですね。

気になる味わいは、焚き火のようなピートに柑橘も少し感じられます。
口に含むと焼き菓子のような甘みがあり、塩味が強くなっていき塩キャラメルも感じられ、後半はスモークが強くなり余韻が続きます。

オフィシャルとは違ったタイプになっています。
ぜひ、飲み比べたりもして楽しんでみてください。

 

Ren Gouto 合戸蓮

Faiground Bar&Wine Shop
下北沢/東京都世田谷区北沢2-10-20 ミカン下北 D-201
03-6407-9662
Facebook
Instagram

Related Posts

  • ブログサムネイル画像

    2024年3月3日

    WHISKY BAR Fairground Scotch whisky

    グレントファース蒸留所 10年 レディオブザグレン PXカスクのウイスキーをレビュー / 下北沢 Fairground

  • ブログサムネイル画像

    2024年3月2日

    WHISKY BAR Fairground Scotch whisky

    スモークヘッド アイラ シングルモルト スコッチウイスキーを飲んでみました / 下北沢 Fairground

  • ブログサムネイル画像

    2024年2月25日

    WHISKY BAR Fairground Scotch whisky

    リンクウッド蒸留所 11年 バーボン樽熟成 トリックスター レビュー/ 下北沢 Fairground

  • ブログサムネイル画像

    2024年2月24日

    WHISKY BAR Fairground Scotch whisky

    日の丸ウイスキー2023 セレブレーション 八郷蒸留所 ジャパニーズウイスキーをレビュー / 下北沢 Fairground