Schneider weisse Aventinus eisbock / 目黒リパブリック

シュナイダーヴァイセアヴェンティヌス アイスボック

およそ200年ほど前、小麦ビールはバイエルン王室の醸造所でのみ醸造されていましたが、王室は1872年に売上の減少から生産を中止、同年にシュナイダー・ヴァイセの創業者、王室のビール職人だったゲオルク・シュナイダー1世にビールの醸造権利を売却しました。

ゲオルク・シュナイダー1世はこのビールのスタイルを信じ、シュナイダー・ヴァイセの醸造を開始、白ビールを絶滅の危機から救い出します。

シュナイダー・ヴァイセでは、現在 TAP1 から TAP7 までのレギュラービールを製造。
TAP7 オリジナルは、創業当時のレシピそのままに伝統を守り醸造しています。
TAP6 アヴェンティヌスは、イチヂクやレーズンの豊潤な香りにナツメグなどのスパイス、濃厚なモルトの甘みに軽い酸のキレが感じられる飲むメルセデスとも評されるドッペルボック。
アルコール度数は8.2%ですが、そこにビールを凍結濃縮してアルコール度数を上げるアイスボック製法を用い、12%まで濃縮したものがアヴェンティヌス アイスボックです。
マホガニー色でほぼ黒に近い色合い。
凍結濃縮されたことにより長期熟成にも耐え、各フレーバーがより強く感じれられ濃厚な味わいに。
熟したプラムの香りにバナナやクローヴの風味、力強いアロマとフレーバーがお楽しみいただけます。

 

Yasutaka Higaki  桧垣泰隆
目黒リパブリック Burger & Beer  目黒
03-3441-6181
Google Map  品川区上大崎3-3-1オバタビルB1
Facebook
Instagram

Related articles

Back to Top