スコッチモルトウイスキー解説評価 ベンリアック蒸留所 / 吉祥寺 Vision

ベンリアック蒸留所について、徹底解説していきます。

 

ベンリアックの地理

生産国:スコットランド
地域:スペイサイド

 

ベンリアック蒸留所データと蒸留設備

所有者:ブラウンフォーマン社
設立年:1897年
年間生産能力:280万リットル
仕込水:バーンサイドスプリングス、敷地内の深井戸
糖化槽:ワンバッチ5.8トン
発酵槽:ステンレス8基
蒸留器:初留2基、再留2基
熟成庫:

 

ベンリアックの解説

ベンリアックは、1897年にロングモーンの創業者のジョン・ダフによって建てられました。
しかし、ブレンド会社最大手のパティソンズ社の倒産のあおりから直後に経営難となってしまい、1900年に閉鎖が決定してしまいました。
その後、65年間の閉鎖の後、ザ・グレンリベット・グレングラント蒸留会社(後のシーバス社)がロングモーン蒸留所とともに買収したことで、1966年に再生産されるようになりました。
その後、1978年にシーグラム社の参加となり、2004年に南アフリカのイントラトレーディング社が中心となり、当時のオーナーだったペルノ・リカールから買収、投資家の一人のビリー・ウォーカー氏が蒸留所の指揮を取ることになりました。ベンリアックディスティラリー社を作り、後にグレンドロナック、グレングラッサを買収し、3つの蒸留所を所有する会社となりました。
更にその後、ベンリアックディスティラリー社をブラウンフォーマン社が買収。
ブラウンフォーマン社はジャックダニエルを所有し、他にもテキーラの蒸留所など様々な酒類を取り扱う大手ということもあり、その流通ルートを利用して今後大々的な販売強化をしてくると予想されています。
日本ではアサヒビールがブラウンフォーマン社と提携しており、アサヒビールが取り扱い元となっています。

ベンリアック蒸留所はスペイサイドでは珍しくヘビリーピーテッドの麦芽を仕込んでいます。
これは、シーバスの原酒としてスモーキーフレーバー原酒を求められていたという経緯があり、現在も55ppmの麦芽で仕込んでいます。
ラフロイグが45ppm、アードベッグが60ppmなので、かなり強いヘビリーピーテッドということになります。

また、ブラウンフォーマン社の傘下となったことで、ジャックダニエルの熟成に使われた良質なバーボン樽を手に入れやすくなるというメリットも考えられ、今後のバーボン樽熟成の原酒に期待が持てる蒸留所です。

最近、ラベルデザインを一新、ブレンド比率もかなり変わり、10年はバーボン樽主体、12年はシェリー樽主体のブレンドとなっています。

 

ベンリアックの主なラインナップ

ベンリアック 12年

ベンリアック 12年

ラベルデザインが変更になった最近のもの。シェリー樽比率が高く、レーズンのような甘さが特徴。

 

ベンリアック 10年 キュオリアシタス

ベンリアック 10年 キュオリアシタス

ヘビリーピーテッド麦芽で製造されたベンリアック10年の旧ラベル。
非常に強いピートですが、アイラとは違う燻製の強さが特徴。

 

 ベンリアック 12年 ヴァリンチ&マレット

ベンリアック 12年 ヴァリンチ&マレット

ボトラーズからリリースされている100%シェリー樽熟成のカスクストレングス。
非常に濃厚なフレーバーはストレート向きです。

 

ベンリアックの年表

1897年 ジョン・ダフが蒸留所を設立
1900年 蒸留所閉鎖
1965年 新しいオーナーのグレンリベット蒸留会社により蒸留所再オープン
1972年 ピーテッド麦芽での製造開始
1978年 シーグラム社が買収
1985年 蒸留器を4機に増設
1998年 フロアモルティング設備を閉鎖
2002年 10月に蒸留所閉鎖
2004年 イントラトレーディング社がバーンスチュワート社のビリーウォーカー氏とともに買収
2004年 キュオリアシタス、12年、16年、20年を発売
2005年 4つの違うヴィンテージのウイスキーを発売
2006年 16年、25年、30年と、8つのヴィンテージのウイスキーを発売
2007年 40年熟成、3種類のヘビリーピーテッドを発売
2008年 ピーテッドマディラフィニッシュ、15年ソーテルヌフィニッシュ、9種類のシングルカスクを発売
2009年 2種類のウッドフィニッシュ(モスカテル、ガヤバローロ)、9種類のシングルカスクを発売
2010年 3回蒸留、ヘビリーピーテッドソルスティスを発売
2011年 45年熟成と12種類のヴィンテージを発売
2012年 セプテンディシム17年を発売
2013年 46年熟成を発売。フロアモルティングを再開。
2015年 ダンダー、アルバリサ、ラターダ、10年熟成を発売
2016年 ブラウンフォーマン社が蒸留所を28500万ポンドで買収。カスクストレングス、ピーテッドクオーターカスクを発売
2017年 10年3回蒸留、ピーテッドカスクストレングスをリリース
2018年 21年、21年、テンポリス21年、オーセンティクス30年を発売
2019年 バッチ16カスクボトリングをリリース
2020年 コアレンジの商品を刷新。
2021年 モルティングシーズンファーストエディション発売

 

Wataru Kobayashi  小林渉

Vision  Whisky bar 吉祥寺
0422-20-2023
Google Map  武蔵野市吉祥寺本町1-11-8 耶馬ビルB1
Facebook
Instagram

Related articles

Back to Top