Royal Sedang / Navel

ロイヤルセダン

 

Royal Sedang
ロイヤルセダン

1888年からの2年間のみ存在したベトナム南部の「セダン王国」
この国の構成民に少数山岳民族の「セダン族」がいた事でこの名前が付けられたそう。
国王は地中海沿岸の都市トゥーロン生まれのフランス人、シャルル・マリー・ド・マレイナ氏。
冒険家として世界中を飛び回っていた彼の原動力となっていたのがジンと言われています。
そんなジンをこよなく愛した「フランス人最後の国王」であるマレイナ氏にあやかったロイヤルセダンのテーマは「フランスとベトナム文化の出会い。」
ボタニカルにはベトナム産のジンジャーやコリアンダー、ライチ、レモングラス、ライムにジャスミンの茶葉に加えハンガリー産のオーガニックジュニパーベリーを使用。
使用するボタニカルを時間をかけて浸漬しフランス・コニャック地方の蒸留所でコニャック用の銅製のポットスチルで蒸留。その後6~8週間寝かせた後に同じ地域のジャンサック・ラ・パリュ村付近に湧き出る泉から湧き出る純粋を使用し加水を行っています。
気品のあるアロマが優しく身体を抜けていき口に含むとレモングラスやジャスミンのフロリエンタルな印象を強く受けますね。
フランスのクラフトジンは「飲む香水」と称される事が多いですがこのロイヤルセダンは一味違ったニュアンスを感じることができます。

 

Tomoki Sakurai  櫻井大貴
Navel Burger & Bar  中野
03-5340-5808
Google Map  中野区中野2-30-8 立川ビル B1
Facebook

Related articles

Back to Top