新発売のサントリー ビアボール でビアカクテルをつくろう! / 下北沢 Fairground

ビアボールミカン下北

サントリーから2022年秋に発売される全く新しいビール

炭酸でつくる自由なビール サントリー謹製【ビアボール】

このビアボールがこの夏にシモキタで飲めちゃいます。
*一般販売は2022/11月予定、業務店卸は同年10月から開始予定だそうです。

本日 2022/6/21、サントリー謹製 ビアボール 公式サイト と開発コンセプトムービーが公開されました。

 

ビアボールの素を炭酸水で割ることを前提に開発されたビール。
はい、そうです。
ホッピー連想させますね。
でも、このビアボール、酒税法上もちゃんとビールです。

簡単なスペックはこんな感じ。

・容量:500ml (中瓶)
・原材料:麦芽(外国製造)、ホップ、糖類
・アルコール:16% ※アルコール度数は変更の可能性あり
・酒税区分:ビール

サンプルをいただいて飲んでみたところ、まさに自由なビール。
炭酸と氷をたっぷりいれてライトに仕上げれば、暑い夏にぴったりな渇き系補助飲料、
濃縮ビールのような原液に、限りなく少量の炭酸を加えたストロングスタイルも。
サントリーのオススメはビアボール1に対して、炭酸水3。
個人的には、あえて極端に薄く仕上げるか、極端に濃く仕上げるかのいずれかが美味しかったです。
秋頃には家庭用がリリースされるようで、自分好みの割合でつくることも推奨されています。

 

そして、当店フェアグランドのある下北沢駅前高架下 【ミカン下北】では、
このビアボールの発売に先行して、ポップアップが展開されます。
施設全館をビアボールがジャックするビアボールストリート?ビアボール横丁?に。
早速、本日2022/6/21、看板が掲げられ、中央階段もビアボール仕様に。

ビアボールミカン下北2

ミカン下北のコンセプトは実験室。
この新しい飲み物が定着するのか、お披露目と実験にはぴったり。
現在はポップアップのみですが、2022/7/5より各店舗でビアボールがオンメニュー。
ミカン下北の個性的なお店によって、ビアボールが様々なお料理とペアリングで提供されるわけです。

そして、当店フェアグラウンドでは何をするかと言うと。

 

【ビアボール】でビアカクテル

バーですからね。
そこの実験一択です。
ビアボールそのものを知っていただくために、まずはスタンダードカクテルを。
ラドラー、レッドアイ、シャンディガフをつくってみた。

ビアボールカクテル

ラドラーとは?/Radler 
ドイツ発祥、ビールをレモネード等の清涼飲料で割るキングオブさわやかビアカクテル。

レッドアイとは?/Red eye
飲み過ぎた翌朝の赤い目が由来とするビール&トマトジュース、様々な料理と相性抜群。

シャンディガフとは?/ Shandy Gaff
イギリスのパブで長く親しまれたビール&ジンジャエール、昼下がりビールに最適。

話題になりそうな新商品の先取りを、さらに先取りしてビアカクテルに。
ポップアップ後半に向けて、オリジナリティの高いビアカクテルも考案中で乞うご期待!

 

Nobuhide Kobayashi  小林信秀

Faiground  Bar&Wine shop 下北沢
03-6407-9662
Google Map  世田谷区北沢2-10-20 ミカン下北 D街区201
Facebook
Instagram

Related articles

Back to Top