バーテンダーが絶賛する Tokyo Aleworks のビール 4選 / VinSanto

「真のクラフトマンシップの変革を起こし、人と人をつなぐブリューイングの架け橋になるコミューナルブリューイング」
東京 板橋にある Tokyo Ale Works は、そんなコンセプトを掲げています。
その精神は、まさにバーテンダーに通じるところがあります。
彼らの創り出すビールは、そのクオリティの高さはもちろん、ユニークなネーミングも人気を博しており、
グラスを傾けながら、ボトル片手に、つい誰かと話をしたくなるビールなんです。

今回は、そんな Tokyo Ale Works から厳選の4銘柄をご紹介します!

 

 

1. フラゴンフィラー ESB

フラゴンフィラーESB

英国のパブでよく飲まれるビアスタイルがこのESB。
ESBとは、エキストラ・スペシャル・ビタ ーの略称のことですね。
まろやかな麦芽の甘味とバランスの良い苦味が特徴でウイスキーのチェイサービールにもオススメの1本。

 

2. ザ・ホップさむライ IPA やすけ

ホップサムライヤスケ

ジャパン・グレートビア・アワーズ 2020年で銀賞受賞を果たした、ザ・ホップさむライIPA 。
このザ・ホップらむライIPAに、焙煎された大麦と小麦を加えることでロースト感が増した1本。戦国時代で歴史上唯一の黒人侍・やすけに敬意をはらい企画したビールなんだそう。

 

3. 六本木ヘイジーナイツ DDH IPA

六本木ヘイジーナイツDDH IPA

ニューイングランドインペリアル IPAというビアスタイルは8.5%というハイアルコールを感じさせない非常に滑らかでジューシーな味わい。アマリロとシトラホップの2種類のホップを 2 段階に分けて大量にドライホッピ ング。
独自の製法でごくごく飲めるビールに仕上がっております。
名前の由来は、六本木で飲みに行った夜、霞んだ記憶にならないように飲み過ぎにご注意ください、というユニークなネーミングの1本。

 

4. センター街 IPA

センター街IPA

Tokyo Aleworks の看板ビールの一つがこのセンター街IPA。
5種類の麦芽と 6 種類のホップを使用した、深みのある IPA(インディア・ペール・エール)しっかりした苦味もあり、トロピカルフルーツ、 柑橘、ストーンフルーツ、松ぼっくりに紅茶の葉っぱのニュアンスを絶妙に配合した古き よきアメリカンなIPAです。

 

Naoshi Morioka  森岡尚史
VinSanto Bar & Private room  恵比寿
03-3464-4641
Google Map 渋谷区恵比寿西2-1-7
Facebook

Related articles

Back to Top