ブルックラディ蒸留所 3種類飲み比べしてみよう! / 国分寺 LIBRE

2023/03/07

ブルックラディ

 

Bruichladdich
ブルックラディ

今回はブルックラディ蒸留所から、3種類のボトルを紹介していきます。

まずは1つ目、1番左の水色のボトルから。
名前はクラシックラディと言います。
このウイスキーはジム・マッキュワンという、アイラ界伝説の男により作られたウイスキーです。
ブルックラディとはゲール語で「海辺の斜面」という意味があるそうです。
創業は1881年デスが1994年に一度生産が停止しました。満を持して2001年に再開すると、数々の賞を受賞しました。
スコットランド産の大麦を今も100%使用しており、クラシックラディの、場合は梱包に記載されているコードをブルックラディの公式サイトに入力すると、農家の情報を知る事ができます。
アイラ島で造られているのにピートを一切使用しないノンピートスタイル。ピート由来の臭みやクセがまったく無く、フレッシュで活き活きしているのが特長的です。

2つ目は中央の、ブルックラディ ジオーガニックです。
こちらもノンピートで作られており、樽は海岸線に面した熟成倉庫で保管されており、大西洋の湖風受け熟成されています。
全ての工程をアイラ島で妥協無く行っているため、常に最高品質で飲む事ができます。
蜂蜜やバニラ、 熟した梨、南国フルーツ、の味わいがほのかに感じられます。
ウォーターミントやレモンの皮、メロンなど、スッキリとした香りが特長的です。

3つ目は1番右に写っている、ブルックラディ ベアバーレイです。
やはりノンピートで造られているためとても飲みやすいウイスキーのひとつです。
リンゴやアプリコット、スコーンの様な味わいや、貝や穀物の様なニュアンスもありました。
そして青リンゴやライム、香草の様な香りを感じられ、スッキリとした香りの印象があります。。

この三種類、共通してストレートで飲まれるのが良いと思います。
ウイスキー本来の味わいを感じつつ、お好みで、少量加水して飲むと尚良いと思います。
当店はハーフの量で提供も可能ですので、この三種類をハーフずつ頂いて飲み比べをするのも、とても良いと思います。

次回はブルックラディ蒸留所の、セカンドラベルや、サードラベルのポートシャーロットやオクトモアを紹介します。ぜひ次回のブログも見てください!

 

Ryu Takahashi 高橋龍

LIBRE Whisky&Cocktail
国分寺/東京都国分寺市南町3-18-4 3F
042-324-6606
Facebook
Instagram

Related Posts

  • ブログサムネイル画像

    2024年2月28日

    WHISKY BAR LIBRE Scotch whisky

    キングスバーン蒸留所 ドゥーコット ローランドの新しいシングルモルトウイスキー / 国分寺 LIBRE

  • ブログサムネイル画像

    2024年2月21日

    WHISKY BAR LIBRE Scotch whisky

    ホワイトヘザー15年 高評価ブレンデッドスコッチウイスキー / 国分寺 LIBRE

  • ブログサムネイル画像

    2024年2月17日

    WHISKY BAR LIBRE Scotch whisky

    アードベッグ蒸留所 19年 トリー バン バッチ5 高額取引される限定ボトル / 国分寺 LIBRE

  • ブログサムネイル画像

    2024年2月10日

    WHISKY BAR LIBRE Scotch whisky

    コンパスボックス ピートモンスター カスクストレングス / 国分寺 LIBRE