ダルユーイン蒸留所 熟成樽と年数違いを飲み比べ / 中野 Whisky Burgers

ダルユーイン

同じ蒸留所のウイスキーを飲み比べ。
元は同じ原酒だったのに、樽や熟成年数でこんなにも変わるのか。楽しくてしょうがないウイスキーの飲み比べをご紹介。
今回はスコットランド スペイサイドにあるダルユーイン蒸溜所から2本。

 

Dailuaine 10y Jamaican rum finish Carn mor for Shinanoya
ダルユーイン 10年 ジャマイカラムカスク カーンモア 信濃屋

独特な製法から生み出される自然な甘さ、そしてそのラムは”フルボディ”とも呼ばれる。
そんなジャマイカ産ラムの樽で熟成させたダルユーイン。
ラム由来のスパイシーなインパクトを強く感じるその奥に、深く甘いバナナのような香りがしっとりじっくり香ります。
グラスの中で変わ甘み、香りなどの表情を楽しんでゆっくりと飲んで頂きたい。

 

Dailuaine 6y 2016 Amontillado Octave Hogshead  Inports
ダルユーイン 6年 アモンティリャード オクタブ ホグスヘッドインポーツ

辛口シェリーのアモンティリャードのオクタブ、比較的小さな樽で熟成させたダルユーイン。
6年という熟成年数でありながら見せる上品な味わいはぐっと沁みる。
レーズンバターサンドのように甘く濃厚で香ばしく、新緑の葉のようにキレのある香りも感じます。
余韻の長さ、芳醇な甘さは一度味わって頂きたい。

飲み比べをすることで分かる違いから、自分の好みを発見できるのが良い。
そして樽や熟成年数の違いから感じる発見は、これからのウイスキーライフをより楽しいものにさせてくれるはず。
ぜひこの楽しさご堪能ください。

 

Chikako Matsuo 松尾 知可子

Whisky Burgers Bar
中野/東京都中野区中野2-30-8 立川ビルB1
03-5340-5808
Facebook
Instagram

Related Posts