グレンモーレンジィフォレスト入荷! ハイランドモルトウイスキーのオススメ5選 / 目黒リパブリック

ハイランドモルトウイスキー

スコットランド北部の大部分を占めるハイランド地方は広域なため、東西南北4つの地域に細分化して分類されています。
広い範囲に蒸留所が点在するため、全体の特徴をまとめて表現することが難しく、バラエティに富んだウイスキーを生み出しています。

今回はそんなハイランドモルトのオススメ銘柄をご紹介いたします。

 

  1. Glenmorangie a Tale of the Forest グレンモーレンジィ フォレスト
  2. Clynelish 14y クライヌリッシュ 14年
  3. Oban Bay reserve Nights watch オーバン ベイリザーブ ナイツウォッチ
  4. Tullibardine Sovereign タリバーディン ソブリン
  5. Ballechin 2010 1st Sherry butt バレッヒェン 2010 ファーストシェリーバット
  6. Berry brothers’&Rudd Classic sherry BB&R クラッシックシェリー
  7. Berry brothers’&Rudd Classic peated BB&R クラッシックピーテッド

 

1. Glenmorangie a Tale of the Forest
グレンモーレンジィ フォレスト

グレンモーレンジィ フォレスト

1843年にハイランド北部に設立されたグレンモーレンジィ蒸溜所。
ゲール語で『大いなる静寂の峡谷』を意味します。
スコットランドで最も背の高いポットスチルでも有名で、なんと大人のキリンの背丈とほぼ同じの5.14メートル!
銅製のロングネックは、蒸溜で湧き上がるアルコールを含んだ蒸気の接触面が大きくなるので、余分な雑味を削ぎ落したピュアなウイスキーが出来上がるのです。

グレンモーレンジィは、物語シリーズとして2020年に『ケーク』2022年に『ウインター』をリリース。
今回はそれに続く第3弾『フォレスト』です。

大麦麦芽を乾燥させる時に、森のボタニカルを加える事で青々としたハーブのようなアロマとスモークを感じられる仕上がりに。
ビスケットのような甘いアロマと、ジュニパーやコリアンダーやミントのハーブアロマが融合。
ミント・メンソール・ユーカリ・ビターオレンジが加わったみずみずしい味わい。
余韻は長く、タンニンを感じるビタースイートなオークとオイリーなフィニッシュ。

 

2. Clynelish 14y
クライヌリッシュ 14年

クライヌリッシュ 14年

北ハイランド北東部の沿岸、ブローラの街に位置するクライヌリッシュ蒸留所。
創業は1819年ですが、1967年に新しい蒸留所が隣接されそちらがクライヌリッシュ、古い蒸留所はブローラと改名され呼ばれるようになりました。
ブローラは1983年で閉鎖してしまったため、現在は稀少なモルトとなっています。

フローラルでフルーティー、わずかに潮のニュアンスを併せ持つクライヌリッシュは、ジョニーウォーカーやブラック&ホワイトに使用される銘酒。
花の蜜やフレッシュなリンゴのアロマに、爽やかな柑橘の香り。
フルーティーな洋梨やカスタードクリームの甘み、穏やかなスパイスに潮気がバランスよくまとまった、クリーミーな舌触りが心地よく完成度の高いシングルモルトです。

 

3. Oban Bay reserve Nights watch
オーバン ベイリザーブ ナイツウォッチ

オーバン ベイリザーブ ナイツウォッチ

ハイランド地方南西部に位置するオーバンという港町に、1794年に設立された蒸留所。

アイラ島をはじめとするヘブリディーズ諸島に面した湾にあり、ライトピーテッドのモルトを使用した原酒は、フルーティーでモルティなハイランドモルト的な味わいと、スモーキーでピーティーなアイラモルト的な側面を併せ持つ味わいと言われています。

テレビドラマ「ゲームオブスローンズ」のコラボボトルとしてリリースされたこちらの1本。

オレンジピールやカカオ、軽いピートスモークの甘く潮気を感じるアロマ。
リンゴや洋梨、柑橘にシナモンのスパイスを感じるフレッシュで華やかな味わいです。

 

4. Tullibardine Sovereign
タリバーディン ソブリン

タリバーディン ソブリン

ハイランド地方は南部に位置するタリバーディン蒸溜所。
『ソブリン』は王様といった意味があり、1488年に当時のスコットランド王がタリバーディン蒸留所を訪れたことにちなんで付けられています。
ほぼ全てがバーボンバレルの熟成で、わずかにシェリー樽を使用しています。

柔らかな味わいで魅力があり、華やかな甘さが特徴です。
柔らかいバニラ・カカオバター・オールスパイス・オークのアロマ。
メープルシロップ・洋ナシ・クリーミーなチョコレート・少しのスパイシーな味わい。

 

5. Ballechin 2010 1st Sherry butt
バレッヒェン 2010 ファーストシェリーバット

バレッヒェン 2010 ファーストシェリーバット

バレッヒェンは、南ハイランドに位置する小さな蒸留所、エドラダワーのヘビーピーテッドタイプのシングルモルト。
エドラダワーの創業は1825年ですが、2002年にボトラーズのシグナトリー社がオーナーになり、ラフロイグ蒸留所を退いたイアン・ヘンダーソン氏をマネージャーに招聘。
バレッヒェンの醸造を開始しました。

50ppmのヘビーピーテッド麦芽を使用したモルトは、ラフロイグを彷彿とさせる味わい。
ファーストフィルのオロロソシェリーの濃厚なアロマに、重厚なピートスモークやレザー、ナッツ、タバコの香りが溶け合った一体感のあるアロマ。
ボリュームのある力強い口当たりに、スモークしたBBQや落ち葉、バニラ、キャラメルの味わい。
ドライでビターな余韻が長く続く、完成度の高い1杯です。

 

Yasutaka Higaki 桧垣泰隆

目黒リパブリック Beer&Burger
目黒/東京都品川区上大崎3-3-1オバタビルB1
03-3441-6181
Facebook
Instagram