タムデュー蒸留所 12年 シェリーカスク おすすめの飲み方はソーダ割? / 代々木上原 Whisky Gibier

タムデュー12年

今回はスコットランドで造られるスコッチウイスキー「タムドゥ12年」をご紹介します。
ハイランド地方の東側に位置するスペイサイドで製造されるウィスキー。

こちらの「スペイサイド」には50以上の蒸留所がひしめき合い、「スコッチの聖地」とも呼ばれる場所で、あのマッカランやグレンリベットなど名だたる蒸留所がひしめき合っています。

さてそんなスペイサイドの「タムデュー(タムドゥ)」。
ゲール語で「黒い小丘」を意味するゲール語が由来となっており
その通り、周囲は起伏に富んだ地形から良質な水にも恵まれており、「密造者の谷」と呼ばれていた場所です。
近くのタムドゥ川の伏流水が流れ込んでいる泉を仕込み水として使用しています。

1897年に設立。当時はウイスキーブームまっただ中でにノッカンドゥ蒸留所やインペリアル蒸留所とともに誕生します。
1911年に一旦閉鎖となったものの、1950年代に稼働を再開させ今日に至ります。

特徴的なのは現在でも珍しいサラデイン式のモルティングを採用していることです。
モルティングとは大麦を大麦麦芽に加工する作業のことを言います。
サラデイン式のモルティングは伝統的なフロアモルティングとドラム式の二つのモルティングの中間的といえるモルティングで、19世紀に考案されてからは採用している蒸留所は多数ありましたが現在では非常に珍しい製法といえます。

そんな「タムドゥ12年」はシェリー樽由来の華やかな香りとフルーティな甘さが特徴的なウイスキーです。
ハイボールからロック、ストレートまで幅広くお楽しみいただけるウイスキー初心者の方にもおすすめなボトルです。

 

Ryo Ueda  植田涼

Wihsky Gibier  Bar & Shop 代々木上原
03-3466-2640
Google Map  渋谷区西原3-21-1 1F2号
Facebook
Instagram