Hazelburn 12y / VinSanto

ヘーゼルバーン12年

ニッカウヰスキーの創業者、竹鶴政孝氏が若くして本場のウイスキー作りを学ぶべく実習に行った蒸留所、と聞いてご存知の方も多いはず。今回ご紹介するウイスキーは、ヘーゼルバーン12年です。

ヘーゼルバーンとは1925年に閉鎖された蒸留所の名前ですが、キャンベルタウンモルトの復興を目指して、1997年にスプリングバンク蒸溜所が「ヘーゼルバーン」ブランドの生産を開始しました。ただこちらは年数千本という限定本数。
スプリングバンクといえば少しピートが効いていますが、こちらのヘーゼルバーンはノンピート麦芽を使用。さらには3回蒸溜でつくられるシングルモルトで、その製法により洗練されたきめ細やかさは、ローランド特有の華やかさとキャンベルタウン特有の潮風をどちらも感じさせる風味となっています。

ご紹介のヘーゼルバーン12年はシェリー樽のみで熟成。特徴はバニラやチョコレートなどの甘いアロマが1番に感じられます。味わいも重くなく軽やかでスムースな飲み口となっています。

 

Erika Maruta 丸田恵利加
VinSanto Bar & Private room 恵比寿
03-3464-4641
Google Map 渋谷区恵比寿西2-1-7
Facebook

Related articles

Back to Top