ジェムソン アイリッシュウイスキー 歴史と特徴 / 代々木上原 Canned Crab Bar

ジェムソン

Jemson
ジェムソン

抜群の知名度を誇るアイリッシュウイスキー「ジェムソン」。
最も出荷量の多いアイリッシュウイスキーとして知られ、なんと世界中のアイリッシュの3本に一本はジェムソンといわれるほどのシェア率を誇ります。
バーやスーパーでも必ずと言っていいほど見かけるウイスキーですね。

1780年、ポウ・ストリート蒸留所を前身に1810年に創設者ジョン・ジェムソン氏が息子と立ち上げたジャン・ジェムソン・アンド・サン・アイリッシュ・ウイスキー社がルーツとなっています。
ポウ・ストリート蒸留所は第二次世界大戦などを理由に操業を停止しますが、ジェムソンの銘柄は現在はアイルランドの南部にあるミドルトン蒸留所に受け継がれ、現在に至ります。

製造方法の最大の特徴は3回蒸留をする点。
あえて時間をかけることで独特の滑らかな口当たりが生まれます。さらにオーク樽で熟成を重ねる事でさらにまろやかさをまし、定番のジェムソンの味わいを産み出していくのです。

豊かな香りとスムースな口当たりは、炭酸で割ってもピッタリです。本日の一杯目にいかがでしょうか?

 

Ryo Ueda  植田涼

Canned Crab Bar  & Wagon 代々木上原
03-3466-2640
Google Map  渋谷区西原3-21-1 1F2号
Facebook
Instagram

Related articles

Back to Top