BARでオーダーしたい!冬のフルーツカクテル 5選 / Navel

皆さま、ジントニックから始まるバータイムは楽しまれていますか?
いつにも増して、ジントニック熱が高い 中野 Navel ですが、
今日は、フルーツカクテルについてご提案していきます。

バーにおいて、季節感を強く感じるポイントといえば、カクテルに使う果実です。
四季折々、様々なフルーツが市場を彩っていますが、
冬も多種多様な果物が出てくるので、楽しみな季節なんです。

そこで。「〇〇を使ったカクテルを」と、
この時期に必ずオーダーしてもらいたいフルーツとオススメのカクテルを5つご紹介します。

 

 

1. 洋梨/サイドカー

洋梨

芳醇な風味と、滑らかな口当たりはやはり人気の一途。
ジンと合わせてることはもちろん、ブランデーと合わせて、サイドカー風に仕上げるのが当店のおすすめ。
時期によって、使用する品種も変わっていきますのでそこもご注目ください

ただいまは、ラ・フランスを使用。
香り高く、果肉もしっかりめ。

 

2. 金柑/ホワイトレデイ

金柑

冬といえば柑橘ですね。
潰しながら、お酒と馴染ませて…
そのからシェイク。金柑を使用したホワイトレディは当店において、冬の定番といっても過言ではありません。
金柑の、ほろ苦くも爽やかな香りがとても素晴らしい。
糖度の高いブランドもありますね。お酒が沁みた後に、おつまみにしていただくのもおすすめなので
ホワイトレディの時は、二度美味しい気がします。

 

3. 冬葡萄/マティーニ

冬葡萄

金柑と競っているのはこの果物。
元々は、ニューヨークで生まれた品種の冬ぶどう。
スチューベンという品種で、糖度が高め。果肉感も香りもしっかりとしています。
お酒と一緒に、ボストンシェーカーにいれて軽く潰し…お酒と少し馴染んだところでシェイク
やりすぎないことがポイント。皮からえぐみも出ますからね。
しかし、上手に氷で潰してあげると香りがよくなります。
冬ぶどうを合わせるなら、ぶどう原料のジン G Vine ノエゾンとあわせてフルーツマティーニ。
マティーニも果物を合わせれば、度数もさがりとても飲み心地の良いカクテルになりますよ。

 

4. 柘榴(ざくろ)/ジャックローズ

ざくろ

この時期になると、ざくろがとても人気になってきます。
なぜか考えてみましたが、あまり一般的に流通はしておらず口にする機会が少ないのが要因かと。知ってはいるけど、食べたことってないかも…というかたが多数。
そのため、果物のラインナップに上がると提供しない日はないですね。

定番は、りんごのブランデーと合わせるジャックローズでしょうか。
とっても、おすすめでかつ、とっても人気。
毎年冬になると「ざくろは入りましたか?」と聞いてくださるかたもいるくらい
そして、フレッシュざくろで作るジャックローズを楽しまれます。

 

5. 苺/レオナルド

いちご

やはり最も人気がるのが苺ですね。それこそ圧倒的です
いちご。という名前を見る、聞くだけでもピンとくる方はとても多い。
毎年楽しみにしていらっしゃる方も多いですね。
当店では、ラベンダーのビターズと合わせてジントニックにしたり
シャンパンなどで、合わせてレオナルドにすることが多いですね。
いちごとシャンパン。昔から人気の組み合わせ。映画でも使われていましたし
それを、真似した方も多いはず。(映画は、プリティウーマン)

 

寒い冬だから、季節感を大事に。
そして、ビタミンも一緒に摂取していきましょう。当店で、フルーツカクテルも楽しんでみてください。ジンが広げるカクテルの世界は、ここで楽しめます。

 

Yuya Ohsawa 大澤裕也
Navel Craft gin & Cocktail 中野
03-5340-5808
Google Map 中野区中野2-30-8 立川ビル B1
Facebook

Related articles

Back to Top