ジョージディッケル タバスコバレルフィニッシュ / 国分寺 LIBRE

ジョージディッケルタバスコバレル

 

George Dickel Tabasco barrel finish
ジョージ ディッケル タバスコバレルフィニッシュ

アメリカ、テネシー州タラホーマの近く、カスケイド・ホロウにあるジョージ・ディッケル蒸留所。

創業者のジョージ・ディッケル氏はドイツ生まれ。
1844年にアメリカに移住し、1850年代にテネシー州、ナッシュビルにて小売業を設立。
1870年には蒸留所を設立し、創業者の死後も家族が引き継いで稼働させていましたが、禁酒法の時代に製造停止に追い込まれてしまいます。
その後の第二次世界大戦を経て、1958年にマスターディスティラー、ラルフ・ダップス氏によって再建され、再度生産を開始しました。
そのこだわりと確かな品質から、現在に至るまで高い評価を受けています。

こちらのボトルは、通称ホット・ディッケルと呼ばれており、日本でもお馴染みのあのタバスコを3年間熟成させた樽で30日間寝かせたというユニークなボトルです。

原料であるコーンの甘みと確かにタバスコを感じるスパイシーな酸と辛味。
おいしさと楽しさを両立している秀逸な味わいとなっております。

 

Yoh Aoki  青木陽
LIBRE  Whisky & Cocktail 国分寺
042-324-6606
Google Map  国分寺市南町3-18-4 3F
Facebook
Instagram

Related articles

Back to Top