ジン ハートシリーズ 佐田宗ニ商店 / 下北沢 Fairground

ジン ハートシリーズ

下北沢駅は小田急東口・京王井の頭線中央口より徒歩3分、茶沢通り沿いにひっそりと佇む大人の隠れ家バー、Fairground(フェアグラウンド)。
ここ1ヶ月ほど、私松尾の記事では当店で取扱いのあるクラフトジンをご紹介続けております。
今回はこちらのクラフトジンをご紹介。

 

Gin Heart
ジンハート(仁ノ心)シリーズ

はい、今回は国産のクラフトジンです!
鹿児島県は南九州市。分かりやすくいうと南薩摩ですね。
そちらにある蒸留所「佐田宗二商店」で造られるクラフトジンです。
佐田宗二商店は1908年創業の焼酎の名門蔵元で、鹿児島らしく芋焼酎が有名で、「不二才」や「晴耕雨讀」などがその代表です。

日本のクラフトジンはベーススピリッツで日本特有の原料を使うなどして”日本らしさ”を表現するのも特徴の一つであり、焼酎や日本酒の蔵元がジンを手がけるのも珍しくはありません。

佐田宗二商店もそのうちの一つではあるのですが、その特徴に焼酎の蔵元に珍しく”蒸留”にこだわっているところ。
蒸留器はなんと9つもあり、それらを使い分けて多様なお酒の製造を可能にしています。

今回ご紹介するのは、そんな佐田宗二商店のクラフトジンの中の「GIN HEART」というライン。
フランスのアルザス地方で、オードヴィーの造り手として「蒸留酒の魔術師」とも例えられる「ジャンポールメッテ」との親交の中で技術指導の元、コラボレーションし誕生しました。
国内製造の芋焼酎をベースに四季にあわせて日本由来の季節のボタニカルを使用して造られたクラフトジンで、”春” “夏” “秋” “冬” それぞれ全く違う香り、味わいが楽しめます。
それぞれのボタニカルは、”春”は桜、柚子、抹茶、山椒、昆布、ジュニパーベリー。桜の花びらを入れてジントニックなんて素敵ですね。”夏”は大葉、梅、胡瓜、昆布、緑茶、ジュニパーベリー。夏らしいシャープな味わいと、トロッとしたテクスチャーが特徴で、大葉を入れてオンザロックスタイルがオススメ。”秋”はしめじ、舞茸、かぼす、さつま芋、バニラ、ジュニパーベリー。旨味を感じる落ち着いた香りが季節の移り変わりを感じさせます。
そして”冬”は桜島小みかん、たんかん、金柑、柚子、パッションフルーツ、ジュニパーベリー。南国の鹿児島では冬の時期に様々な種類の柑橘類の果実が多く出荷されるので、その特徴をしっかりと活かしてます。旬のフルーツのピールを入れた柑橘香るジントニックも美味しく飲めますが、フレッシュオレンジやみかんの果汁とジンをシェークして作るショートカクテル”オレンジブロッサム”もオススメです。

それぞれの季節でそれぞれの味わいが楽しめる。四季のある日本ならではのクラフトジンです。
是非お試しくださいませ。

 

★ 8/20(金)現在の営業時間は【全日 17:00-20:00】です。

<引き続き感染防止対策実施を徹底しております。ご協力をお願いいたします>

・お客様には店内ご利用時に、手指のアルコール消毒をお願いしています。
・店内密集を避けるため、入店制限を設けています。
・店内換気のため、入口扉や窓を開放したまま営業しています。
・店内換気状況を随時確認するため、二酸化炭素則敵を設置しています。
・店内什器備品のアルコール消毒を、全日実施しています。
・飛沫防止のため、各席にアクリル板の設置をしています。
・スタッフは、出勤時に検温を全日実施しています。
・スタッフは、マスク着用で業務にあたります。
・スタッフは、30秒手洗いとアルコール消毒を徹底しています。

 

Sho Matsuo  松尾捷

Faiground  Bar 下北沢
03-3464-4641
Google Map  世田谷区北沢2-3-12 友和ビルB1
Facebook
Instagram

Related articles

Back to Top