ラ ギウチンとアブサンの歴史 / 下北沢 Fairground

ラギウチン

下北沢 Fairground から藤井です。

アブサンはヨーロッパ各国で栽培されており、その歴史や製法も深いものです。

アブサンの香味成分に含まれるツジョンにより幻覚や向精神作用が引き起こされることがわかり、多くの中毒者を出しました。
有名なのは詩人のポール・ヴェルレーヌや画家のフィンセント・ファン・ゴッホ。安価なアルコールだったことから手に入りやすい環境も中毒者を広める原因になったとされています。
1981年からWHOがツジョンの残存許容量が一定範囲であれば製造・販売することが許可されました。

 

La Guilloudtine
ラ ギウチン

こちらのラ・ギウチンはスイス産ですが、スイスで解禁されたのは2005年と比較的最近になっております。

特徴的なギロチンのラベル。Guillotine(ギロチン)を文字ってGuilloudtine(ギウチン)と名付けられたこちらの1本は名前から連想されるようにニガヨモギのピリッとした鋭さのある味わいが特徴的です。

9人が苦手で1人がドハマリするとも言われるアブサン。
ぜひご賞味ください。

 

Yoshiki Fujii  藤井善貴

Faiground  Bar 下北沢
03-6407-9662
Google Map  世田谷区北沢2-10-20 ミカン下北 D-201
Facebook
Instagram

Related articles

Back to Top