バラの香りのするブランデー カルヴァドス デュポン 1972 ペイドージュ / 国分寺 LIBRE

デュポン

Dupont Calvados 1972 Pays d’Auge
デュポン 1972 ペイドージュ

フランスはノルマンディー地方、カルヴァドス県で作られるリンゴが原料のブランデー。
そのカルヴァドス県の中でもオージュ地区で栽培されたリンゴだけを使用して作られています。

デュポン家はカルヴァドス造りの名家で、リンゴの栽培からカルヴァドスの熟成、瓶詰めに至るまで家族で一貫して行っています。言わばカルヴァドスの家系。
家族で丁寧に作られている為、元々生産量が少ないブランドではあるのですが、50年以上前のりんごを原料にしたものとなるとその希少価値は跳ね上がります。

熟成の長いブランデーは、独特の枯れたニュアンスがありますが、こちらは長期熟成ながらフレッシュな香りもします。
りんごはバラ科の植物のせいか、手のひらでグラスを温めてゆっくり飲んでいるとバラのような香りも拾えるのが楽しいですよ。

 

Masahisa Fujita  藤田雅久

LIBRE  Whisky & Cocktail  国分寺
042-324-6606
Google Map  国分寺市南町3-18-4 3F
Facebook
Instagram

Related articles

Back to Top